シーメンスとRWE、英ウェールズの巨大洋上風力発電所建設で提携

ドイツの工業コングロマリット、シーメンスと独エネルギー大手RWEの再生可能エネルギー子会社RWEイノジーは4日、英ウェールズ北部沿岸沖18キロでの洋上風力発電所(Gwynt y Môr windfarm)の建設に向け、合弁会社を設立したと発表した。RWEイノジーが株式の60%を取得し、シーメンスが10%、残りの30%はミュンヘン市エネルギー公社(Stadtwerke Munchen)が保有する。

総投資額は20億ユーロ(約2200億円)を超える見込みで、完成すれば、原子力発電所 1基の半分に相当する 576メガワットの発電能力が新たに生まれ、40万世帯に電力を供給することが可能になる。発電所は2011年に建設が開始され、2014年に完成予定となっている。

エクールの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2010年6月6日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。