GEとアベンゴア、メキシコ最大のコージェネレーション発電に1億8000万ドル投資

GE傘下でエネルギー投資を手掛けるGEエナジー・フィナンシャル・サービスと、スペインの環境エネルギー技術企業アベンゴア(Abengoa)はこのほど、メキシコで最大規模のコージェネレーション発電に1億8000万ドルを投じることを明らかにした。アベンゴアの子会社であるAbener Energiaとアベンゴアメキシコが1億800万ドル、GE側が7200万ドルを出資。また、メキシコ最大の開発銀行バノブラス(Banobras)やスペインのサンタンデール銀行など7つの金融機関が、あわせて4億6000万ドルを融資する。建設は2009年9月に着手しており、2012年には操業を開始させる方針だ。

天然ガスなどの燃料により電力と熱を同時に生産するコージェネレーション発電は、熱効率が高く、二酸化炭素(CO2)の大幅な削減にもつながる。今回のプロジェクトでは、総額6億4000万ドルを投じ、タバスコ州ビヤエルモサ(Villahermosa)近郊のNuevo Pemex発電所に300メガワットのガス火力発電施設を建設。メキシコ湾のガス田から燃料を調達し、生産される電力と蒸気をNuevo Pemex発電所に供給する仕組みだ。また、この施設には、GEエナジーのフレーム7FAガスタービン2基が導入されるという。

あわせて読みたい

エクールの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2010年6月26日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。