シーメンス、ロシアの鉄道と風力発電システムを数千億円規模で獲得

ドイツの工業コングロマリット、シーメンス(本社:ミュンヘン)は15日、ロシアのエカテリンブルグ(Yekaterinburg)で数十億ユーロ(数千億円)規模の鉄道と風力発電システムの供給に関する覚書を締結したと発表した。シーメンスは合意に基づき、2026年までにロシア全域、22カ所の鉄道操車場を近代化し、ロシア鉄道(Russian Railways、RZD)に対して今後10年間で240台の車両を供給する。

また、ロシアは2020年までに総容量5000メガワットの風力発電システムの設置を計画しており、その一環としてシーメンスは、ロシアの国営企業ロステクノロジー(Rostekhnologii)と水力発電大手(RusHydro)と合弁会社を設立。2015年までに設備容量で1250メガワット相当の風力タービンを設置する。

あわせて読みたい

エクールの記事をもっと見る 2010年7月21日の社会記事

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。