三洋電機、環境対応車用リチウムイオン電池の新工場が竣工

三洋電機は30日、同社加西事業所(兵庫県加西市)で進めていた環境対応車用リチウムイオン電池の新工場が竣工したと発表した。投資額は約130億円。当初は月産100万セル体制で生産を開始し、需要に応じて生産規模を拡大する。

同社は、今後急速に拡大することが予測される環境対応車用二次電池の開発体制を強化している。既にハイブリッド自動車(HEV)用ニッケル水素電池を、ホンダ、米フォード(Ford)、独フォルクスワーゲン(Volkswagen)に供給しているほか、フォルクスワーゲングループとは、HEV用としてリチウムイオン電池システムを、仏PSAプジョー・シトロエン(PSA Peugeot Citroen)とニッケル水素電池システムの共同開発を進めており、プラグインHEV用ではスズキの実証実験車両にリチウムイオン電池が搭載される予定となっている。

あわせて読みたい

エクールの記事をもっと見る 2010年7月30日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら