昭和シェル、雪国型メガソーラーが完成 新潟で発電開始

昭和シェル石油は31日、新潟県と新潟市東区に建設を進めていた雪国型メガソーラー発電所(大規模太陽光発電所)が完成し運用を始めたと発表した。総事業費は約7億円。国と県からの補助金は約5億7000万円、残りを同社が負担した。商業用メガソーラーとしては全国初の稼動になるという。

年間の発電量は約100万キロワット時で一般家庭約300世帯分に相当する。発電された電力は、全量東北電力を通じて近隣地域に供給される。太陽電池パネルには、昭和シェルの全額出資子会社で太陽電池の製造・販売などを手掛けるソーラーフロンティアのパネル1万2528枚が使用されている。

あわせて読みたい

エクールの記事をもっと見る 2010年8月31日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。