【奇行】インドの男性が新型肺炎止めて欲しさに寺院で自らの舌を切断。実家に帰りたい一心で

【奇行】インドの男性が新型肺炎止めて欲しさに寺院で自らの舌を切断。実家に帰りたい一心で
拡大する(全1枚)

肺炎にかかりたくないがあまりに舌を切る?

新型肺炎の感染拡大のせいか、便器やドアノブを舐める若者や、わざと感染しようとパーティーを開くなど、奇行に走る人々が次々と飛び出している。

そんな中、遠く離れたインドでも、驚異の奇行に走った青年が現れた。

報じられているのは、ビベク・シャルマさん(24)という石工の男性。彼はなんと、新型肺炎を止めたいあまり自分の舌を切り落としたというのだ。

彼はグジャラート州スイガムにあるヒンドゥー教の寺院で働いているというが、ロックダウンの影響で、マデイラ・プラデーシュ州の地元に帰れずひどくストレスが溜まっていたという。

異変が発覚したのは、4月の第3週のこと。彼の同僚たちが休日に電話で買い物に誘ったというが、明らかに別人が電話にでたという。するのその声の主は、「男性が寺院の近くで舌を切り、意識を失って倒れている」と明かしたのである。

ビベクさんはスイガム市内にあるナデーシュワリ寺院で、切り落とした舌を手に倒れている状態で発見され、すぐさま病院へ運ばれた。

医師らは舌を再建できるよう努力したというが、再び喋れるようになったかは報じられていない。

印紙「The times of india」の報道によると、彼は警察に「自分の舌を女神カーリーに捧げ、コロナウイルスの感染拡大を止めてもらおうと思った」と話していたという。そして、情勢が安定し実家に戻れるよう願っていたそう。

同じ寺院で働く彼の同僚は、「彼を発見した当時、女神カーリーの名前をひたすらに唱えていた」と明かしている。

参照元:The times of indiaYouTube

当時の記事を読む

edamame.の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

おもしろニュースランキング

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年4月28日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。