【歪んだ愛】35歳ロシア女性が10年間育て20歳になった継息子との結婚を発表し批判殺到!

【歪んだ愛】35歳ロシア女性が10年間育て20歳になった継息子との結婚を発表し批判殺到!
拡大する(全1枚)

20歳になる継息子との結婚を発表

74キロのダイエットに成功し、ロシアではインフルエンサーとしてちょっとした知名度を誇るマリーナ・バルマシェバ(35)。そんな彼女が、今再び大きな注目を浴びているという。

その理由がこちら。

マリーナにはウラジミールという20歳になる継息子がいるのだが、なんとその継息子との結婚を発表したのである。

子宝に恵まれず離婚を決意か?

ちょっと複雑だが、家族構成をまとめておこう。

▲元夫(45)とその連れ子の息子2人、そして養子に迎えた5人の子供たち

実はマリーナは約10年ほど前に結婚しており、夫の連れ子2人を引き取って育てていた。そのうちの1人がウラジミールなのだが、夫妻は5人の子供たちも養子として迎え入れており、子供が好きだったことがうかがい知れる。

マリーナは自身の子供を強く望んでいたにもかかわらず、夫婦が子宝に恵まれることはなかった。それがきっかけだったのか、マリーナは夫との離婚を決意。その後、継息子であるウラジミールとの結婚を明らかにしたのである。

痩せて綺麗になった継母に魅了される

冒頭にもあるように、以前はぽっちゃり体型だったにもかかわらず意を決してダイエットに励んだマリーナは、132キロあった体重を58キロにまで落とした。その裏にウラジミールとの恋愛事情があったのか定かではないが、綺麗になったマリーナに魅了されたウラジミールは継母と恋に落ちたのだという。

そんな彼女に対しネットでは批判の声が多く上がった。また、事態を重く見た養護施設もまだ幼い養子5人を彼女のもとから引き離し、現在子供たちは元夫のもとで暮らしているという。

マリーナとウラジミールは挙式をあげ、近い将来子供を持つことを計画しているというが、この歪んだ愛に世間の目は冷たい。息子と妻に裏切られた元夫はもちろんのこと、こんな形で母親と兄を失った5人の子供が何よりの犠牲者であることは間違いないだろう。

マリーナは「人生がどうなるのか、いつあなたを笑顔にさせてくれる人に出会うのかは知るよしもありません。私たちを批判する人もいればサポートしてくれる人もいます。私たちは幸せでありあなた方もそうであることを願います。」と投稿しており、今は自分の幸せしか見えていないようだ。

参照元:InstagramOddity central

当時の記事を読む

edamame.の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

おもしろニュースランキング

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク