【絶望】62日間の闘病の果て、コロナから生還した米人男性に1億円もの請求が届く・・・

【絶望】62日間の闘病の果て、コロナから生還した米人男性に1億円もの請求が届く・・・
       

長い戦いの果てにやっと生還したのに・・・

5月初旬、コロナウイルスを発症し入院したアメリカ人の男性が、2ヶ月もの長い闘病の末、奇跡的に生還したというニュースが報じられた。

平均入院期間はおよそ14日と統計が出ている中、この2ヶ月という入院期間は非常に長い。

こちらの映像が、その際に報じられた男性が退院する様子である。

めでたく退院したのは、ワシントン州シアトルにお住まいのマイケル・フローさん(70)。

3月に肺炎を発症し、シアトル市内にあるスウェディッシュ・イサクア医療センターにて治療を受けていた。

しかし4週間は意識不明の状態が続いていており、担当医によると、この間はほとんどの臓器の活動が停止してしまっていたという。

悲惨な状態が続いていたことから、彼の家族には「おそらく生還は難しい」と伝えており、隔離病棟には家族の立ち入りも禁止されているため、フローさんは電話を通じて最後のお別れを告げていた。

だが5月、なんとそこには大勢のスタッフに拍手されながら退院するフローさんの姿が。上の動画はその様子を映しているが、肺炎だったとは思えないほどの元気な様子が映っていた。

ハッピーエンドのようにも思える今回の出来事だったが、この1ヶ月後、予期せぬ展開が待ち受けていた。

フローさんに多額の請求が

その後、フローさんは自宅で療養を続けているというが、そこに届いた請求書に仰天した。

書かれていた金額は、なんと112万ドル(約1億1987千万円)にも及ぶものだったのである。


当時の記事を読む

edamame.の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

おもしろニュース

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年6月20日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。