【谷間で入館拒否?】フランスで約20名のトップレス女性らが美術館に集結し抗議活動!

       

仏美術館でトップレス女性らが抗議

今月13日、仏パリにあるオルセー美術館で、約20名の女性らによってこんな抗議活動がおこなわれたという。

フェミニスト活動家の彼女らはトップレスになっているが、そこには「胸はわいせつなものではない!」と書かれている。

一体何があったというのか。

服装が理由で入館拒否された女性

事の発端は、9月8日に同美術館を訪れたという学生ジャンヌさん(22)の投稿だった。

この日のドレスが規定違反だという理由で、入館を一旦は拒否されてしまったというジャンヌさん。

▲このドレスが入館拒否となったもの

職員に上着を着るように促され、ようやく入場できたのだが、館内を見渡すとそこにはホルターネックなど露出度の高い来館者らもいたという。

彼女らは細身で胸も小さかったというが、もしそれが理由だったとするのならそれはダブルスタンダード(二重規範)であり、それはジャンヌさんが文化や知識を得ようとすることに対して権利の障害となるのではないかと考えた。そして、これを性差別と感じたジャンヌさんは、その日の出来事を服装の写真とともにTwitterに投稿したのだ。

投稿に対し美術館側も謝罪

彼女のこのツイートには41,000件を超えるいいねがつき、同美術館にも非難の声が多く寄せられたという。美術館側はジャンヌさんに対し謝罪をしたようだが、この出来事に反応したフェミニスト活動家らは、ジャンヌさんや性差別の被害にあった女性らを支持するべく今回の抗議活動に出たというわけだ。

同美術館のウェブサイトによると、平和を乱す服装の場合は入館を拒否されることもあると記されているが、先日もトップレス女性らに注意した警官に内務大臣が物申す出来事もあったように、フランスは個人の自由が尊重される国である。それゆえに、今回の出来事に関しては女性らを支持する声が多数寄せられているようだ。

参照元:TwitterLadbible

あわせて読みたい

edamame.の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「【谷間で入館拒否?】フランスで約20名のトップレス女性らが美術館に集結し抗議活動!」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    フランス万歳!

    0
この記事にコメントする

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年9月17日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。