【命のために走るぜ】イタリアの警察が臓器輸送用ランボルギーニを導入!5時間のルートを3時間で運ぶ

【命のために走るぜ】イタリアの警察が臓器輸送用ランボルギーニを導入!5時間のルートを3時間で運ぶ
拡大する(全1枚)

スーパーカーの本気を出す!

イタリアの警察では、式典や広報用に自国のスーパーカーが導入されている。例えば、ランボルギーニ・ガヤルドは高速パトカーとして使用されており、そのスピードや馬力は高速道路で遺憾なく発揮されているという。

こうした中、警察は更に現場に特化した車両を採用したという。

その名も、ランボルギーニ・ポリツィア。2018年にランボルギーニ社が発表し、今年度現場に投入された。

イタリア州警察の公式カラーが施されたボディに、車載カメラ、ビデオカメラ付きタブレットなどが装備され、活動が記録されている。また、従来のタイプと同様、室内にはガンホルスターや消火器、警察無線も備えられている。

そんなランボルギーニ・ポリツィアの最も重要な任務は、臓器輸送

車のフロントには移植用臓器を冷蔵保存するためのコンパートメントが搭載されているのだという。

2020年10月、イタリアの州警察は腎臓を輸送するよう要請を受け、手術に間に合わせるために一刻も早い移動が求められた。一般的には臓器輸送車を手配し、警察が周りを警護しながら向かうが、今回このスーパーカーを使用したことで、驚きの時間短縮を実現したという。

10月2日の要請においては、ヴェネト州パドヴァからローマの病院へと急行。本来なら高速道路で5時間のルートだが、スーパーカーを使ったことでなんと3時間で運び終えたという。その最高速度は、時速230キロメートルにも達したという。

これはイタリア国内において、過去最速の緊急輸送となった。これには州警察も医療スタッフも驚愕しており、「他の車両ではこんなに早く移植のために運ぶことはできなかっただろう」と述べていた。

スーパーカーの見た目や性能のみならず、役割までもクールだった今回の出来事。

時速230キロで安全に走行するとなると、運転手にも高いドライビングテクニックが要されるだろう。カッコいい車にのって命を救うなんて、これに乗れる警察官には憧れちゃうな~。

参照元:Hot carsTwitter

当時の記事を読む

edamame.の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

おもしろニュースランキング

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月12日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。