【人類卒業】頭に2枚のシリコンを手術でつけ、初のサイボーグとなったスペインのアーティスト

【人類卒業】頭に2枚のシリコンを手術でつけ、初のサイボーグとなったスペインのアーティスト
       

日本で外科的に新しい器官を手にした男性

ピアスや刺青といった肉体改造は海外では盛んではあるが、まさか頭蓋骨にアクセサリーをつけようとは、誰が考えるだろうか。

そんな恐ろしい手術を行ったのは、スペイン・バルセロナを拠点に活動するアーティスト、マネル・ムニョス氏(24)。

彼が頭の側面につけたのは、500グラムほどのシリコン製のひれ。その機能は気象センサーで、中にはマイクロチップが搭載されており、湿度、気圧、温度を感知できるようになっているという。

マネル氏は、米紙「Infoabe」のインタビューにて、このように経緯を語っている。

「わたしは自分のことを100%人間だと思っていない。人間という既知の生物学的概念とは一致していないからです。

インスピレーションは常に魚などといった海洋生物学から得ており、子供の頃から魚たちとのつながりを多く感じていた。こうしたことから、自分にひれをつけようと決めたのです。

道では人がじろじろと見てきますが慣れています。実は私にとって大した影響ではありません。」

このひれをつけることで、頭蓋骨や皮膚に伝わってくる振動などから、自然とのつながりを深めることができるのだそう。また、太陽光パネルと接続することによって、光も体感できるという。

手術自体は今年1月に東京で行なったというが、自撮りには苦悶の表情が写っており、かなりの痛みが伴っていたことがうかがえる。

外科的に人工物をつけているところから、自身をサイボーグアーティストと自称するマネル氏。人類の進歩は彼から始まるのだろうか・・・?

参照元:InstagramAM

当時の記事を読む

edamame.の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

おもしろニュース

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年12月9日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。