【大成長!?】小型犬だと思ったら1年で32kgに!?ペットショップに騙されるも飼い主はメロメロ

【大成長!?】小型犬だと思ったら1年で32kgに!?ペットショップに騙されるも飼い主はメロメロ
拡大する(全1枚)

小型犬だと思い込んで買ったのに・・・

海外のペットショップでは、品種を偽装して犬や猫を販売する悪質な店も多い。中でも、購入後の成長過程で品種偽装に気づくというパターンもある。

今回の女性も、その手口に引っかかってしまったことを購入から1年で気付いたという。

取り上げられたのは、イギリスの朝番組「This morning」のコーナー。タムワース在住だというティファニー・キングドンさんという女性は、番組内でミニコッカプーの愛犬・ウィニーを披露した。

ミニコッカプーとは、コッカースパニエルとミニチュアプードルを掛け合わせて生まれた品種で、成犬になっても8キロほどと小さめの犬である。

キングドンさんによると、購入した当時は生後11週で、体重は4.6キロほどだったそう。ミニコッカプーとして約30万円(2000ポンド)で購入したそう。犬を飼うための予算も考慮し、食事量の少ない小型犬を選んでいた。

ブリーダーは証明書類もしっかり揃えた上に、犬にはマイクロチップも埋め込まれており、きちんとしたショップのように見えたそうだ。

しかし、番組の画面に映っているのは明らかに大きなコッカプー。飼育し始めてから1年ほどだというが、すでに体重は32キロを超えているそう。今では餌もモリモリ食べるようになったため、飼育費もバカにならないのだとか。

ここで初めて、キングドンさんは騙されたと気付いた模様。どんどん大きくなるウィニーをフェイスブックでシェアしたところ、「こんなに大きいコッカプーを飼育してる人が他にいるか?」と言われたという。

ただ、愛犬を手放すつもりは毛頭ないよう。番組のインタビューでは「恋人と話し合って、最初は予算上小さな犬がいいと考えてたのに、この子はいっぱいご飯を食べるんです。でも、私は彼女を捨てるつもりはありません。」と伝えていた。

ウィニーの品種は、大きさからしてアイリッシュ・ドゥードゥルと考えられている。

ブリーダーに腹を立ててしまうのは仕方がないが、家族としてすっかり馴染んでしまったウィニー。出会いはどうであれ、全員幸せでなによりである。

参照元:Birmingham MailYoutube

あわせて読みたい

edamame.の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

おもしろニュースランキング

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年4月20日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。