「この石邪魔やな…」農家がズラしたら国境だった!一時的にベルギーの国土が増え大問題に

「この石邪魔やな…」農家がズラしたら国境だった!一時的にベルギーの国土が増え大問題に
拡大する(全1枚)

60年ぶりに国境が侵され大問題に?!

ヨーロッパ諸国において、領土問題は非常にセンシティブな話題だ。今でこそ平和であるものの、これまでに数多くの戦争が起こってきた。

ところが、2021年の今になって大問題が起こってしまった。しかもそれは、80年以上ほぼ活動を休止していた国境委員会を再動員する事態にまで至っているという。

問題が起こったのは、フランスとの国境に位置するベルギー・ハイナウト州エルクリンヌ村。そこにある国境付近の森を歩いていた地元の歴史マニアの男性が、両国の境界線を示す石が、2.29mほどずれていたのを発見した。

これにより一時的に、フランスの領土がちょっとだけ小さくなり、ベルギーの領土が大きくなっていた。

知らせを受けたエクリンヌ村の村長は、すぐさま調査を開始。なんと、地元の農家の男性が、トラクターで道を通る時に石を邪魔に思い、動かしてしまったことが明らかになった。

村長はフランスのメディア「Channel TF1」に対し、「彼はベルギーを大きくし、フランスを小さくした。いい考えではないですよ。」「民間の土地所有者の間で頭痛の種を引き起こしました。いうまでもなく近隣の州にも。」と呆れながらに語ったという。

フランスとベルギーの国境は、1815年にナポレオンがワーテルローの戦いで敗北したあと、その5年後に”コルトレイク条約”のもとで正式に設立された。動画の石に「1819」と記されている通り、1819年以来ずっと同じ場所に設置されていた。

村長は、農家の男性に連絡して、石を元の場所に戻すよう依頼する予定だという。これに従わなければ男性が刑事責任を問われる可能性があるだけではなく、ベルギー外務省にまで問題は波及する可能性があるという。

そうなると、1930年以来休止していた、フランス-ベルギー国境委員会を召喚しなければならない可能性があるとのこと。

とはいえ、村長は事態を楽観視しているようで、「農家の男性が善意を示していただければ、大した問題にはならないでしょう。私たちはこの問題を友好的に解決します。」と、ベルギーのニュースメディア「Sudinfo」に語っていた。

参照元:BBCYoutube

当時の記事を読む

edamame.の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

おもしろニュースランキング

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年5月7日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク