【意味不明】アメリカで8年前に失踪した6歳男児本人と称する23歳の男が現れる

【意味不明】アメリカで8年前に失踪した6歳男児本人と称する23歳の男が現れる

「自分は誘拐された男児だ」と称する謎の男が現れる

2011年5月、アメリカ・イリノイ州にて、当時6歳だったティモシー・ピッツェンくんが失踪する事件が起こった。

その日、母親がティモシーくんを小学校に迎えにいったあと、動物園やウォーターパークで楽しい時間を過ごした。その後、二人は車で数時間走った場所にあるモーテルにチェックインしたが、母親はその部屋の中で自殺した。

心中にも思われる事件だが、母親は「息子はもう安全です。彼は決して見つからないでしょう。」というメモを残していたという。しかし警察が到着した頃には、ティモシーくんの姿はどこにもなかったのである。

この事件が未解決のまま8年がすぎた先日。みずからをティモシーと名乗る謎の男が現れた。

男はオハイオ州・シャーロッツビルにある駐車場でうろついており、警察に事情聴取を受けていた。すると、「俺は8年前に失踪したティモシー・ピッツェンだ」と口にしたのだという。

他にも「監禁されていた」「家族のもとに帰りたくない」などと話しており、地元警察署は彼を保護。当局はDNA検査などで彼の身元調査を開始した。

彼はしきりに14歳であると語っていたというが、DNAは一致せず、全くの別人であることが判明。更に彼の正体は、ブライアン・マイケル・リニ(23)であることが明らかになった。

監禁などといった言動は虚言であり、実際には強盗で有罪判決を受け、1年の懲役刑から出所してきたばかりだった。これを受けFBI当局は、リニを虚偽申告の罪で追訴する姿勢を見せている。

その後のABCニュースの取材において、彼は犯行動機について「ティモシーくんの父親のようなお父さんが欲しかった。もし俺が行方不明になっても、俺の父は探すこともせずに酒ばっかり飲んでいるだろうから」と語っていたという。

参照元:Fox newsYoutube

あわせて読みたい

edamame.の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年4月22日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。