【ホントに71歳?】不審者に飛び蹴りされても動じないこの人物、まさかのターミネーターだった!

【ホントに71歳?】不審者に飛び蹴りされても動じないこの人物、まさかのターミネーターだった!

背後からの飛び蹴りにも動じない人物

突然、背後から飛び蹴りをされたら大抵の方なら前方に吹っ飛ばされ倒れ込んでしまうだろう。その勢いによっては、腰などを負傷してしまうこともあるに違いない。それが高齢の方ならばなおさらだ。

だが、コチラの動画に映る男性は、71歳にもかかわらず飛び蹴りを受けても動じていない。

あれ、どこかで見たことあるような…。

そう、この男性、あのアーノルド・シュワルツェネッガーである。

ターミネーターは健在だった

5月18日、元カリフォルニア知事でもあり、映画「ターミネーター」などで知られる米俳優アーノルド・シュワルツェネッガーは南アフリカのヨハネスブルクを訪れていた。

事件が起きたのは、開催されていた運動競技会でのこと。集まったファンたちと話したり撮影に応じていたところ、突如背後から飛び蹴りをくらったのだ。

だが、さすが「ターミネーター」の異名に恥じない鍛えられた肉体を持つ元知事。前方に少し動いたものの飛び蹴りにはまったく動じない様子で後ろを振り返る。

のちのコメントで「ファンに押されただけだと思ったよ」と話している。さすがだ、シュワちゃん!

男はその場で警備員たちに取り押さえられたものの、同地区ではお騒がせ人物として知られていたようだ。男の動機は不明ではあるものの、今回の事件を受け、「ターミネーター健在だ!」「彼は戻ってくる!」と世界中のファンたちは盛り上がりを見せている。

参照元:YouTube

あわせて読みたい

edamame.の記事をもっと見る 2019年5月23日のびっくり記事
「【ホントに71歳?】不審者に飛び蹴りされても動じないこの人物、まさかのターミネーターだった!」の みんなの反応 3
  • 匿名さん 通報

    「彼は戻ってくる」は酷いな。多分原文はHe is back、で「あのすごい奴が帰ってきた!」っていう、ヒーロー映画のパート2に使われる言葉だろう。

    0
  • 匿名さん 通報

    エキサイトの記事って例の怪しい「グローバルニュースアジア」みたいに、読者を差別主義に駆り立てるような洗脳記事だったり、インチキが多い。

    0
  • 匿名さん 通報

    まあこのedamameの記者は簡単な英語すらわからないってこどだ。

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。