【悲報】インド総選挙の立候補者、わずか5票しかいれてもらえず思わず涙

【悲報】インド総選挙の立候補者、わずか5票しかいれてもらえず思わず涙

家族親戚も入れてくれなかった・・・

今年の4月11日から5月19日、インド総選挙が行われ、インド人民党が勝利。前首相のナレンドラ・モディ氏が続投となった。

有権者が9億人もいる同国において一大イベントとなったが、その影で、わずか5票しか入れてもらえなかった悲しすぎる立候補者がいたのを、あなたはご存知だろうか。

カメラの前で涙を流すこちらの男性が、立候補していたニートゥ・シャトル・ワラ氏(35)。

インド・パンジャーブ州の選挙区で無所属新人として出馬していたが、わずか5票しかはいっていなかったことから、ネット上で大きく話題になった。

上の映像は地元のニュース番組のものだが、カメラの前で泣きくずれる様子が写っている。

しかも、悲しい事実はこれだけではない。ニートゥ氏はなんと9人家族で、全員が有権者にも関わらず5票しかはいってなかったというのだ。

地元メディア「Menxp」の取材において、ニートゥ氏の兄弟は「彼は、おじさんや親戚を含んだ家族みんなに大きく応援されており、『投票するからね!』と言われていました」と語っていた。裏切った四人が誰なのか気になるところである。

その後、ネットで大きく拡散されると、「ちょっとかわいそうだし・・・」という人が続出し、5月23日の開票日までに、最終的に856票まで伸びたという。

結局落選してしまったようだが、この出来事でめげたりせず頑張ってほしいものだ。

参照元:Oddity centralYoutube

あわせて読みたい

edamame.の記事をもっと見る 2019年6月19日のびっくり記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。