【凄腕】シリコンマスクで政治家のふりをした詐欺師集団、巧妙な手口で2年で約90億円を荒稼ぎ!!

【凄腕】シリコンマスクで政治家のふりをした詐欺師集団、巧妙な手口で2年で約90億円を荒稼ぎ!!

政治家のふりをして90億円詐取!?

6月初頭、米俳優ジョージ・クルーニーのふりをして詐欺を働いていたイタリア人夫婦が逮捕されたのは記憶に新しいが、一方で、フランスでは更に巨額の詐欺事件が発生していた。

被害総額は、なんと90億円(9000万ドル)にものぼるという。気になるその手段というのが、著名な政治家の顔をかたどったシリコンマスクだった。

今回犯行グループが化けたのは、フランスの現外務大臣、ジャン=イヴ・ル・ドリアン氏。執務室を模したセットを作り上げ、精巧なシリコンマスクを装着し、スカイプでターゲットを騙していたという。

「身代金を要求されている」犯行グループの巧妙な手口

ターゲットは主に、実業家や政府関係者といった富裕層。「中東のイスラム過激派組織にジャーナリストが拉致されており、身代金を要求されている」という内容で、寄付を募っていたという。

方法は極めてシンプルだったが、非常によく考え抜かれていた。犯行グループはドリアン氏の関係者のふりをし、フランス国内外のターゲット両方に連絡を取り、いかにもドリアン氏本人からの申し出であると演出。

更に犯行グループは、ドリアン氏の声を完璧に再現した状態で電話をし、更に駄目押しとしてスカイプ通話に切り替え、ターゲットに本人だと信じ込ませていたのだ。

この詐欺は2015年から2017年まで行われていたが、嘘を見抜いた人もいた中で、多くがこの嘘に騙され高額の寄付してしまったという。

被害者には、イスラム教イスマーイール派指導者、カリム・アーガー・ハーン4世をはじめとした多くの実業家や著名人がいたというが、この出来事に関してコメントを差し控えている。

こうして2017年、フランスの警察当局は、首謀者のチュニジア系ユダヤ人、ギルバート・チクリ容疑者を逮捕。携帯電話にはシリコンマスクを購入するための通話履歴が残っており、これが逮捕の決め手となったという。

しかし、チクリ容疑者が収監された後も、同様の事件が発生しており、フランス人とイスラエル人からなる三人の容疑者を逮捕したという。この三人がチクリ容疑者との共犯だったか、それとも模倣犯であったかについては現在も不明である。

いずれにせよ、今回の事件が巨額詐欺事件として歴史に刻まれるのは想像に容易い。

参照元:The atlantic cityYoutube

あわせて読みたい

edamame.の記事をもっと見る 2019年6月29日のびっくり記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。