産卵後に海に帰ろうとするカメにまたがる男たちの動画が物議を醸す

記事まとめ

  • インドネシアの砂浜で撮影されたとみられる産卵を終え海に帰ろうとするオサガメに男たちがまたがる動画が物議を醸している。
  • 世界自然保護基金によると、オサガメは非常に弱い動物で、ここ数年はプラスチック汚染や漁網などの影響によって急激に個体の数が減少しているという。
  • 動物虐待ともいえ、厳しく取り締まるべきだという声が多く寄せられている。

【悪質】インドネシアで産卵後に海に帰ろうとするオサガメにまたがる男たちの動画が物議を醸す!

【悪質】インドネシアで産卵後に海に帰ろうとするオサガメにまたがる男たちの動画が物議を醸す!

産卵後のオサガメにまたがる男たち

7月5日にインドネシアの砂浜で撮影されたとみられるコチラの動画が、いま物議を醸している。

産卵を終えたオサガメが海に帰ろうとしているのだが、なんとそのオサガメの上に男たちが交代でまたがっているのだ。なかには、赤ちゃんを抱いてオサガメに乗る父親らしき男もいる。

さらに周囲にいる男たちは、オサガメに砂を投げつけたり後ろ足を引っ張ったりしており、憤りを覚えてしまう。

人間の愚かな行為により個体減少か

この砂浜はすでに特定されているものの、現時点で地方自治体からはなんの返答も得られていないという。

世界自然保護基金(WWF)によると、地球最大のカメとして知られるオサガメは非常に弱い動物で、ここ数年はプラスチック汚染や漁網などの影響によって急激に個体の数が減少しているという。特にクラゲと間違えて海に浮かぶビニール袋を誤飲することが多く、それが個体の減少へとつながっているようだ。

海面上昇や沿岸開発、そしてさらにこの動画にあるようにビーチまで人間に脅かされると、今後産卵する場所すら奪われてしまうのではないかと懸念されている。

ハワイのように厳しく取り締まるべき

ハワイではウミガメは神聖な生き物とされており、海の守り神とも言われている。そんなウミガメに触ることは州法で禁じられており罰金を課せられるというのは有名な話である。

特に産卵中のウミガメにおいては周囲を柵などで囲っており、その中に入ることすら禁じられているほどだ。

動物虐待ともいえる今回の悪質行為も、厳しく取り締まるべきだという声が多く寄せられている。

参照元:YouTubeLadbible

あわせて読みたい

edamame.の記事をもっと見る 2019年7月23日のびっくり記事
「【悪質】インドネシアで産卵後に海に帰ろうとするオサガメにまたがる男たちの動画が物議を醸す!」の みんなの反応 2
  • 匿名さん 通報

    逮捕しろ

    1
  • 匿名さん 通報

    こいつら死んだらいいのに。同じように象かなんか背中に乗せる罰でも与えたらいい。

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら