【53年後の惨劇】いじめられっ子が同窓会でいじめっ子を射殺する事件が発生

【53年後の惨劇】いじめられっ子が同窓会でいじめっ子を射殺する事件が発生

かつてのいじめっ子を殺害した男性が逮捕

いじめ問題というのは世界中で後を絶たないが、残念ながらほとんどの場合、先生やカウンセラーに相談してもいじめっ子が罰を受けることはない。それどころか、いじめられっ子が転校や我慢を強いられるのが現実だ。

今回の事件の容疑者も同様に、高校時代に受けたいじめによって、心に深い傷を抱えて過ごしてきたという。その結果、53年後の先日、同窓会で再会したいじめっ子を射殺してしまったのだ。

事件が起きたのは、タイ中部に位置するアーントーン県。8月24日、ここで地元高校の同窓会が開かれており、容疑者のタナパット・アナケスリ(69)が出席していたという。動画中にある赤い丸がされている写真は、凶行に至る直前に撮影された容疑者の姿である。

当初は53年前の友人らと食事を楽しんでいたというが、アナケスリ容疑者はそこで、いじめの主犯格であるスーサット・コサヤマット氏と再会。

アナケスリ容疑者はその場の楽しげな空気に乗じ、コサヤマット氏に対し16歳の頃のいじめについて質問したという。容疑者は彼から詫びる言葉が欲しかったのだろう。

だがコサヤマット氏が「覚えていない」と口にして謝罪を拒否したことから、アナケスリ容疑者は逆上。懐から拳銃を取り出し、彼に撃ち込んだのである。

その後、アナケスリ容疑者は現場から逃走。当時、同窓会にいた同級生の一人は、警察に対してこのように語っていた。

「アナケスリは酔っており、コサヤマットにいじめられてどんなに腹立たしかったか、これまでにもよく話していました。彼は絶対に昔のことを忘れないでしょう。
しかし、ずっと昔に起こったことです。私はまさか、アナケスリが彼をこんな風に殺すだなんて思いもしませんでした。ただただショックです。」

拳銃で撃たれた後、コサヤマット氏は病院に搬送されたが死亡が確認された。月曜日の8月26日に近隣の仏教寺院で葬儀が行われ、大きなショックを受けた友人らが再び参列したという。

地元当局の捜査官によると、現場では9ミリ弾の薬莢が発見され、他にも周辺にはダミーとみられる弾倉が見つかっていた。彼は銃の所持許可証をもっていなかったという。

その後、アナケスリ容疑者は殺人罪で指名手配され、周辺地域で捜索が行われている。

・・・・・・・・・・・・・・・

この事件を受け、ネット上では「自業自得だ」という声が多かった。また、アナケスリ容疑者が53年間どれだけ苦しんでいたかがうかがえるが、彼が手を汚す必要はなかったはずである。

連休や夏休みが終わり、いじめやパワハラに苦しんでいる人も多いだろう。だが、彼のように殺そうなどとは決して考えず、保護者や信頼できる人とともに弁護士に相談してみてほしい。

参照元:The sunYoutube

あわせて読みたい

edamame.の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「【53年後の惨劇】いじめられっ子が同窓会でいじめっ子を射殺する事件が発生」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    53年間、ずっとトラウマだったんだろうなぁ。 気持ちはわかる。

    0
この記事にコメントする

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年9月2日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。