【悲痛】浸水で通報した女性、オペレーターに「うるさい」と暴言を吐かれ救助されず亡くなる

【悲痛】浸水で通報した女性、オペレーターに「うるさい」と暴言を吐かれ救助されず亡くなる

最後の最後に暴言を吐かれ見捨てられた女性

8月24日朝、アメリカ・アーカンソー州にて、新聞配達を行なっていた47歳の女性が市内の道路を走っていたという。

そんな中、連日の豪雨によりアーカンソー川が氾濫しており、なんと女性は洪水に飲まれてしまったのだ。

扉が開かなくなり、浸水する車内で危機感を抱いた女性は、すぐさま911番に通報。しかし、ひどすぎるオペレーターの対応により、女性は助からなかった。

下の動画には、女性の恐怖に満ちた声が記録されている。

助けを求めたのは、地元に住むデボラ・スティーブンスさん(47)。

警察によると、スティーブンスさんは亡くなるまでに、オペレーターとおよそ22分間にわたってやりとりをしていた。

その間、「怖いです。こんな思いしたことありません・・・」「扉が開けられず出られません。水が車の中に入ってきています。」といって助けを求めていたというが、オペレーターは無慈悲にも「なんで洪水の中に車で入ったんですか!?」と厳しい口調で責めたてたのである。

一連のやりとりは録音されており、警察が公開したデータの中には、スティーブンスさんが何度も謝りながら助けを求める音声が記録されており、オペレーターは「自分のせいで危ない目にあったのでしょう?他の大勢の人を危険に晒すわけにはいきません。」と吐き捨てていた。

さらに、水位が首まで至りスティーブンスさんがパニック状態になり「息ができない!」というと、オペレーターは「うるさい!」「そうやって私に叫べるくらいなんだから、ちゃんと息できてるでしょう。だから落ち着いてください!」などといい、なおも救助を要請しなかった。


あわせて読みたい

edamame.の記事をもっと見る 2019年9月15日のびっくり記事
「【悲痛】浸水で通報した女性、オペレーターに「うるさい」と暴言を吐かれ救助されず亡くなる」の みんなの反応 2
  • 匿名さん 通報

    神奈川県警そっくりの警察が海外にもあった。

    0
  • 匿名さん 通報

    ・・・????

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら