【ヤク中教師】南アフリカで小学生の誘拐事件が発生→犯人は被害者の担任だった!!

【ヤク中教師】南アフリカで小学生の誘拐事件が発生→犯人は被害者の担任だった!!

薬の借金を返すため・・・

先月8月、南アフリカ・ヨハネスブルグにて、地元の小学校に勤めるサリーナ・ヒューマン(27)という女が、児童を誘拐したとして警察に逮捕された。

サリーナが誘拐の標的に選んだのは、なんと自分の受け持つクラスの女子児童だったのである。

9月2日、女児は母親と手を繋いで歩いていたというが、覆面をかぶった4人の犯人グループに襲われ、女児は白い車で連れて行かれたという。

実行犯が被害者の母親を慰める!?

衝撃的なことに、サリーナは校門の前で泣き崩れる母親に近づき、いたわる言葉をかけていた

さらに、保護者一同には「学校にいる子供は命をかけて守ります」「ご両親に花を贈りますので、寄付をお願いします」といったメッセージも送っていたのである。かねてよりサリーナと両親の仲は良好で、しばしばフェイスブックにはツーショットの写真が写っていたのだという。

標的にされたエイミー・リーちゃん(6)は、南アフリカの有名ボートレーサーの娘。女児を身代金目的で誘拐し、麻薬犯罪者に対する借金約1400万円にあてようとしたのである。

ここから地元メディアやSNSに大きく取り上げられ、報道が過熱するごとに犯人グループは萎縮していったようだ。

身代金の要求額は最終的に半分以下に引き下げたようだが、連れ去られた19時間後、ヨハネスブルグ近郊のバンダービールパークの路上にてエイミーちゃんを放置したのである。ここは、市内の中でも非常に危険な場所だった。

だが幸いにも、近所のパブから出てきた20代のカップルがエイミーちゃんを保護。二人は誘拐事件について知っており、両親が待っていた4キロ離れた警察まで連れて来てくれたのである。

その次の日、警察は犯人グループとされる40代の女、50代の男、そして27歳のサリーナを逮捕。

サリーナは犯行動機について、「麻薬で借金を負っていた」と証言。彼女は教師でありながら麻薬を乱用していたことがあり、麻薬犯罪グループに莫大な借金を抱えていたのだという。

6月に開かれた裁判にて、サリーナは謝罪したというが母親は「絶対に許せない。」と怒りに打ち震えていたという。

参照元:MSNYoutube

あわせて読みたい

edamame.の記事をもっと見る 2019年9月19日のびっくり記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。