【食用でも】シンガポールのカニUFOキャッチャーが動物虐待だと批判うけ稼働中止に!

【食用でも】シンガポールのカニUFOキャッチャーが動物虐待だと批判うけ稼働中止に!

食用のカニのクレーンゲーム

シンガポールのあるレストランに、ネット上で批判が殺到している。

騒動が始まったのは今年10月初頭のこと。シーフードレストラン「House of Seafood」の店先に設置されていた、カニUFOキャッチャーの映像が広まったのがきっかけだ。

このゲームの商品は生きたカニで、一回約400円(5シンガポールドル)でプレイできる。ゲットしたカニは持ち帰ったり、店に無料で調理してもらうこともできるという。

そこで、店がフェイスブック上に広告動画を上げたところ、これには多くのネットユーザーから批判が殺到したという。主に、「食料として殺されるまでの時間で、カニたちを苦しめている。不愉快。」といったコメントが寄せられたという。

これには、シンガポール国内の動物愛護団体「SPCA」も反応しており、「人々が動物を弄んでいる。」「カニをおもちゃ扱いするべきではない」という批判の投稿をした。

これを受け、カニUFOキャッチャーを設置していた店主は謝罪。あまりの批判の多さに驚いたと語った。

現在は、箱を釣り上げたらカニをプレゼントする形となっている。

同機は他の1店舗にも設置されているが、そちらにはあまり批判が来ていないそうだ。しかし、シンガポール政府から注意されたら、設置を中止するとのことであった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ちなみに、日本でも同じように、東京都や長崎県にも、伊勢海老を入れたUFOキャッチャーが設置されていたことがある。

だが、2000年に動物愛護団体から「虐待である」と抗議され、更に衛生環境や食品衛生法の観点からも問題があると指摘を受けたが、メーカー側は「問題はない」と反論していた。

他にも、日本には各地にカニやサザエを入れたゲームが設置されている。皆さんはどう思うだろうか?

参照元:LAD BIBLEFacebook

あわせて読みたい

edamame.の記事をもっと見る 2019年11月3日のびっくり記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。