ダイムラー ウニモグ──被災地を救う正義の特殊車両

ダイムラー ウニモグ──被災地を救う正義の特殊車両

西日本を中心にした豪雨災害は多くの被害を出し、本格的な復興もこれからだ。こうした災害時には、移動手段としてだけではなく、さまざまな用途で活躍してくれる特殊な車両が必要となる。代表車種は、メルセデス・ベンツを傘下に持つダイムラーの『Unimog(ウニモグ)』。東日本大震災の復興時にダイムラーから日本へ寄贈されたことでも知られる多目的作業車である。

■多目的動力装置=『ウニモグ』、ダイムラーが生んだロングセラーの特殊車両
『ウニモグ』という名前だけを聞くと、子ども向けアニメのキャラクターやぬいぐるみを連想してしまいそうだ。しかし、この名前はイメージ優先でつけられたペットネームではない。



『ウニモグ』という名は、ドイツ語の「Universal-Motor-Gerät(ウニバザル・モトル・ガレ)」を略号法によって表したものだ。ウニバザル・モトル・ガレは「多目的動力装置」を意味する。とはいえ、多目的作業車といういかつい存在でありながら、デザインには愛嬌もあり、不思議なくらいネーミングにマッチしている。



フロントグリルのエンブレムでわかるように、製造しているのはメルセデス・ベンツの親会社であり、世界一のトラックメーカーでもあるダイムラー。販売はメルセデス・ベンツ(日本の正規代理店はワイ・エンジニアリング )が行っている。



初代『ウニモグ』は、ダイムラー・ベンツの航空機エンジン開発責任者だったアルベルト・フリードリッヒが農業支援車として設計した。開発がスタートしたのは戦後まもない時期で、1946年にプロトタイプが完成し、販売が始まったのはその翌年。もちろん、時代の変化と要求に応じ、初代から現行モデルまでのあいだに多くのモデルチェンジを行っている。

あわせて読みたい

気になるキーワード

editeurの記事をもっと見る 2018年8月29日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「BMW」のニュース

次に読みたい関連記事「BMW」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「アウディ」のニュース

次に読みたい関連記事「アウディ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「フォルクスワーゲン」のニュース

次に読みたい関連記事「フォルクスワーゲン」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら