体脂肪の種類を把握し健康的に痩せる準備を整える

体脂肪の種類を把握し健康的に痩せる準備を整える

体脂肪には2種類あることをご存知だろうか。見た目にもわかる「皮下脂肪」と、一見するとわかりにくい「内臓脂肪」だ。それぞれに特徴があり、体に及ぼす影響も違う。体脂肪をしっかりと理解して、健康的に痩せる準備をしておこう。

■体脂肪には2種類ある
体脂肪というと「皮下脂肪」を思い浮かべる人も多いかもしれないが、「内臓脂肪」も体脂肪に含まれる。どちらもつき過ぎは良くないが、皮下脂肪よりも内臓脂肪の方が見た目に現れないので、気づきにくい。

健康的に痩せるためにも、まずは体脂肪の種類を知っておこう。


皮下脂肪
体脂肪といわれて真っ先に思い浮かぶのがこの皮下脂肪ではないだろうか。保温効果や体を衝撃から守る効果などの役割があるため、一定の量は必要である。しかし、つきすぎるとお腹が出るなど見た目に影響するのが皮下脂肪である。
概要
皮下脂肪とは、比較的に体の表面に近い部分につきやすい脂肪のことだ。人の肌は「表皮」「真皮」「皮下組織」の3層構造となっており、皮下組織のほとんどは脂肪である。部位によって違うが、皮下脂肪はだいたい1cm以上はあるのだ。主に皮下脂肪が必要以上についてしまった肥満のことを、その形になぞらえて「洋ナシ型肥満」と呼ぶこともある。正式名称は「皮下脂肪型肥満」だ。
特徴
皮下脂肪には3つの特徴がある。

1つ目は男性よりも女性の方がつきやすいこと。女性は出産準備や子宮を守るために皮下脂肪がつきやすいといわれている。女性の乳房も皮下脂肪に分類される。

あわせて読みたい

気になるキーワード

editeurの記事をもっと見る 2018年9月14日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「ダイエット」のニュース

次に読みたい関連記事「ダイエット」のニュースをもっと見る

新着トピックス

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。