嫉妬に要注意。20代彼女を持つミドル男のためのSNS術

嫉妬に要注意。20代彼女を持つミドル男のためのSNS術

もしあなたに20 代の彼女がいるとしたら、彼女と撮った写真をどうするだろうか。やっぱりデートの様子をSNSで公開したくなってしまうのではないか。しかし、40代の起業家と20代の女優のケースを見てもわかるように、それは周囲の反感を買うリスクがある。若い彼女を持つミドルエイジが実践すべきSNSの利用法を婚活アドバイザーの植草美幸さんに聞いた。

■ZOZOTOWN前澤友作氏と剛力彩芽が多くの批判を受けた理由は世間の「嫉妬」
デート写真をSNSに投稿して反感を買った例として記憶に新しいのは、ZOZOTOWNの前澤友作氏と剛力彩芽のケース。前澤氏とロシアW杯決勝戦を観戦しに行ったことを報告した剛力の投稿が批判を招いたのだ。この点について、植草さんは「一般の年の差カップルで、男性側が同じような投稿をしたとしても、周りの人々を苛立たせてしまう可能性が高い」という。



「恋愛は本来、他人が干渉すべきことではありません。とはいえ、こういうケースでは『若い彼女がいてうらやましい』『リッチな男性をゲットして、自分より贅沢して妬ましい』といった嫉妬を招き、批判されてしまうことは、残念ながら大いにありえます」(植草さん、以下同)



特に前澤氏と剛力の場合、「海外でデート」「ゴージャスな観戦プログラム」「プライベートジェット」といった要素が含まれていた。それが世間の反感を買った原因と植草さんは指摘する。



「アメリカやヨーロッパと違い、日本では富裕層や中間層といった階層が日々の生活のなかで明確に区別されていません。そのため、海外のSNSでよく見られるような、露骨なセレブアピールを受けつけない人が多いのです。そういう意味では、SNSの投稿内容いかんによって、誰でも妬まれる可能性があり、世間から叩かれやすい傾向にあるといえるでしょう」

あわせて読みたい

気になるキーワード

editeurの記事をもっと見る 2018年10月17日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「就職活動」のニュース

次に読みたい関連記事「就職活動」のニュースをもっと見る

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。