AGAの基礎知識──加齢による脱毛とAGAの違いとは?

AGAの基礎知識──加齢による脱毛とAGAの違いとは?

男性の薄毛や脱毛は、かつて老化現象のひとつと思われていた。近年はAGA(男性型脱毛症)の存在が広く知られ、薄毛や脱毛は単なる老化ではないと考えられている。とはいえ、「AGAがどのような症状を指すのかわからない」というミドル男性もいることだろう。AGA発症のメカニズムなど、その基礎知識を駅前AGAクリニック院長の大藪先生に聞いた。

■AGAには「ヘアサイクル(毛周期)」と「悪玉男性ホルモン」が深くかかわっている
男性は早ければ20~30代から人知れず薄毛に悩み始めるが、その原因のじつに95%を占めるのがAGAなのだ。具体的には、AGAとはどんな症状のことを指すのだろうか。



「AGAはAndroGenetic(アンドロジェネティック=男性ホルモンによる)Alopecia(アロペシア=脱毛症)の頭文字を取った略称です。日本語では『男性ホルモン型脱毛症』と訳されます。男性にもっとも多い薄毛症状で、額の生え際やつむじ周辺の頭頂部の髪が徐々に細くなったり、毛が抜けたりする症状のことを指します」(大藪先生、以下同)



問題はAGAのメカニズムだ。大藪先生によると、「AGAの発症には、太く長い髪の毛を成長させる『ヘアサイクル(毛周期)』が深くかかわっています」という。



健康な髪の毛は、成長期→退行期→休止期という毛周期を繰り返して一定の毛量を保ちます。しかし、AGAを発症した人は、男性ホルモンの一種の『DHT(ジヒドロテストステロン)』が髪の毛の毛乳頭細胞にある『男性ホルモン受容体』と結びつき、それによってヘアサイクルが乱れ、髪の毛を作る素となる『毛母細胞』の数を減らしてしまうのです」

あわせて読みたい

記事提供社から

「AGAの基礎知識──加齢による脱毛とAGAの違いとは?」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    AGAとは、Androgenetic Alopeciaの略で「男性型脱毛症」、女性にも FAGAが用意されてます、ご安心を

    1
この記事にコメントする

新着トピックス

\ みんなに教えてあげよう! /

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。