後輪駆動となったランボルギーニ・ウラカン新モデル

後輪駆動となったランボルギーニ・ウラカン新モデル

ランボルギーニ史上最大のヒットモデル「ガヤルド」の後を継ぐ形でデビューした「ウラカン」に、新しいラインナップが加わった。「ウラカンLP 580-2」と名付けられたこのモデルは、580PSのエンジンを搭載する2WD。「すべての要素は、運転する楽しさを追求して設計された」という、従来の4WDモデル「LP610-4」とは異なる性格が与えられている。

■いわく「史上最もピュアなランボルギーニ」

ランボルギーニ・ウラカンは、ガヤルドの後継モデルとして2014年に発表された。兄貴分となるアヴェンタドールに通ずるデザインを持つボディの下には、アルミと炭素繊維強化プラスティック(CFRP)によるハイブリッドシャシーと、自然吸気の5.2リッターV10エンジンが内包され、デビュー当時は「ウラカンLP610-4」(下の写真)という、610PSエンジンを搭載した4WDモデルがラインナップされていた。

そこに加わったのが、新たに580PSエンジンを搭載する2WDモデル、「ウラカンLP 580-2」だ。この「LP 580-2」は、ウラカンの廉価版という位置づけではなく、よりドライビングを楽しむためのニューモデル。アウトモビリ・ランボルギーニ社の代表兼CEO、ステファン・ヴィンケルマン氏は、「トップレベルの技術を駆使して改良して史上最もピュアなランボルギーニ車です」と語る。パフォーマンスとスタビリティを重視した「LP610-4」に対して、より純粋なドライビングプレジャーを追求したのが、「LP 580-2」というわけだ。

あわせて読みたい

editeurの記事をもっと見る 2016年2月22日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。