三枝成彰さんも実践! 「1日1食」生活のメリットと注意点

三枝成彰さんも実践! 「1日1食」生活のメリットと注意点
拡大する(全1枚)

ビートたけしやタモリなど、著名人が実践していることで話題となっている「1日1食」生活。カロリーの過剰摂取が避けられるほか、内蔵への負担が減るため疲れにくい体となり仕事にも集中できるという。とはいえ、3食を1食に減らすことに不安を感じる人も多いだろう。そこで、30年間1日1食生活を継続し、音楽界の第一線で活躍し続ける三枝成彰さんに、1日1食のメリットや注意点について話を聞いた。

■■今回のアドバイザー
作曲家 東京音楽大学客員教授
三枝成彰さん

1942年生まれの作曲家。代表作にオペラ「忠臣蔵」「Jr.バタフライ」「KAMIKAZEー神風ー」。2007紫綬褒章受賞。他に芸術祭賞、日本アカデミー賞最優秀音楽賞、プッチーニ国際賞(日本人初)、渡辺晋賞など。2017年10月、林真理子氏台本・秋元康氏演出・千住博氏美術に寄る新作オペラ「狂おしき真夏の一日」の世界初演を予定。音楽界の第一線で活躍し続ける中、1日1食生活を30年にわたって継続。著書の『疲れ知らずで頭が冴える 無敵の「1日1食」』が反響を呼んでいる。

■どうして三枝さんは「1日1食」生活を選ぶことにしたのか?

三枝さん「私は今年で74歳になりましたが、病気ひとつせず足腰も丈夫。1年365日、ほぼ毎日仕事をしています。70代になってもこうしたハードワークをこなせるのは、40代半ばから30年間、1日1食生活を続けているからでしょう。『3食摂らないともたない』と、思う人もいるかもしれませんが、実は『食べるとかえって疲れる』のです。食物を消化吸収することは、身体にとっては結構な労力。当然、食べると体は疲労を感じ、疲労を感じると眠くなります。仕事に全エネルギーを注ぎたいので、私は日中に余分なものは食べません。

当時の記事を読む

editeurの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュースランキング

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク