世界で最も売れた車『ザ・ビートル』が4年ぶり刷新

       
世界で最も売れた車『ザ・ビートル』が4年ぶり刷新

『ビートル』ほど、語るエピソードが多い大衆車はめずらしいだろう。もともとは、ヒトラーが打ち出した国民車構想から生まれた車で、設計は、後にポルシェを創業するフェルナンド・ポルシェ博士。1938~2003年までの累計生産台数は、世界最多となる2150万台超に上る。じつは、『ビートル』は通称で、正式名称は『フォルクスワーゲン タイプ1』だった。車名となったのは1998年に発売された『ニュービートル』からで、このモデルと併売された後、『ビートル』は2003年に生産終了。その後、2011年、『ニュービートル』は『THE Beetle(ザ・ビートル)』と名前を変えてフルモデルチェンジを果たす。そして2016年9月、4年ぶりに刷新されて新型『ザ・ビートル』がデビューした。

■最大32通りのカラーコンビネーションから自分好みの『ザ・ビートル』に仕上げる

新型『ザ・ビートル』は、『Base(ベース)』『Design(デザイン)』『2.0 R-Line(Rライン)』の3グレードから構成される。注目ポイントは、デザインと安全性の向上だ。

エクステリアでは、フロントとリヤのバンパーデザインを刷新したことで、これまでのすっきりとした外観に比べ、スポーティーさと精悍さが増している。『ベース』『デザイン』『2.0 Rライン』にそれぞれ異なるデザインが採用されており、それぞれの個性が際立っているのも特徴だ。

『デザイン』は、リヤディフューザーなどをクロームで装飾。『2.0 Rライン』では、フロントバンパーにクロームストリップ、フロントフェンダーに Rラインバッジを採用。リヤバンパーにブラックペイントのリヤディフューザーを装着した。また、ブラックに塗装したサイドスカート、ホイールハウスエクステンションなどで、よりスポーティーさを際立たせている。

あわせて読みたい

editeurの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「メルセデス・ベンツ」のニュース

次に読みたい関連記事「メルセデス・ベンツ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「BMW」のニュース

次に読みたい関連記事「BMW」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「アウディ」のニュース

次に読みたい関連記事「アウディ」のニュースをもっと見る

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年10月24日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。