「ニオイ」の変化にも要注意! アルツハイマー病と嗅覚の関係性

「ニオイ」の変化にも要注意! アルツハイマー病と嗅覚の関係性

早期発見と治療が重要なアルツハイマー型認知症(アルツハイマー病)。最近の研究では、アルツハイマー病の初期症状に“ニオイがしなくなる”ことが判明したという。アルツハイマーと嗅覚の関係について、精神科医の朝田隆先生に聞いた。

■■今回のアドバイザー

精神科医師、メモリークリニックお茶の水院長

朝田隆先生


日本老年精神医学会副理事長、日本認知症学会理事、東京医科歯科大学特任教授。30年以上にわたって認知症の研究や臨床に携わり、2015年からは「もの忘れ外来」を設けた「メモリークリニックお茶の水」を開院。認知症の予防・治療の第一人者として、著書に『効く!「脳トレ」ブック』(三笠書房)や『専門医が教える認知症』(幻冬舎)など多数。
■早期発見につながる可能性も!? アルツハイマー病と嗅覚以上の関係
まだ医学的に解明されていない謎も多い人間の嗅覚。しかし、最近の研究では、アルツハイマー病と嗅覚の因果関係が指摘されているという。



朝田先生「アルツハイマー型認知症(アルツハイマー病)では、大脳の海馬が萎縮することにより記憶障害などの症状が発生します。この海馬の近くに、ニオイを伝達する嗅覚路が通っていることから、アルツハイマー病の初期症状に嗅覚異常が見られることが、最近の研究で明らかになりつつあります。アルツハイマー病の早期発見や治療につながることが期待されています」


■今まで気になっていたニオイを感じなくなったら要注意。嗅覚異常の目安とは

あわせて読みたい

editeurの記事をもっと見る 2017年11月20日のライフスタイル記事
「「ニオイ」の変化にも要注意! アルツハイマー病と嗅覚の関係性」の みんなの反応 3
  • 匿名さん 通報

    嗅覚異常だから火をつけっぱなしでコゲ臭くても部屋中に排泄物を塗り続けても平気なんですね、アルツ老人老婆は。

    2
  • 匿名さん 通報

    姥捨て山制度が今の時代に復活するのを本気で願っています。おかしくなった老人はなぜ自分を正当化する言い訳だけはスラスラ言えるのだろう?肝心なことは「わからない、知らない、覚えていない」のに。

    1
  • 匿名さん 通報

    現役東大生の4人に1人はアスペルガー。日本で偏差値の高い学校出身者に認知症が多いそうです。勉強が出来る、つまり頭を使うから。馬鹿な人は柔軟な考え方が出来き、頭が柔らかいから認知症とは無縁らしいです。

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。