女性部下と2人きり…セクハラを疑われない出張中の過ごし方は?

女性部下と2人きり…セクハラを疑われない出張中の過ごし方は?

女性の部下や後輩を連れた出張が発生した場合には、自分が“セクハラ加害者”として疑われるリスクがあることに留意したいもの。とはいえ具体的には、どのような点に気を付ける必要があるのだろう? 具体的なポイントを鳳和虎ノ門法律事務所の杉山和也弁護士に聞いた。

■■今回のアドバイザー

鳳和虎ノ門法律事務所 代表弁護士

杉山和也さん


早稲田大学法学部卒業、平成16年に弁護士登録。平成22年鳳和虎ノ門法律事務所を開設。セクハラ、パワハラなどの労働問題や、男女間の離婚問題などに詳しい。どんな事件にも誠意と熱量を持って取り組む「オーダーメイドのテーラー」らしい法律事務所がモットー。
■女性部下と2人きりの出張…そもそも会社の労務管理を疑うべき!?
ビジネスマンとして、想定しておきたい問題といえる「女性部下との出張」。しかし、セクハラ問題に詳しい杉山弁護士は、そもそも“女性部下と2人きりの出張”を命じる会社に対して疑問を投げる。



杉山さん「出張は、セクハラの相談件数も多いシチュエーションであり、女性部下と2人きりの出張を命じるような会社は、昨今のセクハラ問題への認識の甘さや、労務管理に問題があると言えます。



一般的にセクハラの“加害者”である男性が、女性の評価権者(賞与や昇進の査定をする者)の場合は、よりセンシティブな状況になります。男性側がセクハラで訴えられればたちまち不利な立場に立たされてしまうため、誤解されるような行動を慎んだうえで、もしもの時に備え、のちに証拠となる“足あと”を残しておくことが重要になります」

あわせて読みたい

editeurの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「女性部下と2人きり…セクハラを疑われない出張中の過ごし方は?」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    コメにも有るように、こんな組み合わせをする会社に問題がある。幾ら男女平等と言えど、これは、問題起きる方の確率が有る以上、なんか対策取らないとな

    0
この記事にコメントする

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年3月5日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。