まさかの限定復活──ランドローバー ディフェンダー

まさかの限定復活──ランドローバー ディフェンダー

超がつくハイパフォーマンス仕様、限定わずか数台の豪華仕様…。高級車メーカーは、ときに予想もしていなかったスペシャルモデルを発表して人々を驚かせる。しかし、英国のランドローバーが2018年1月に発表したクルマは、それらとはまったく異なるサプライズだった。なんと2016年に生産終了してファンを悲しませたオフローダーの名車『ディフェンダー』を限定復活させたのである。その名は『ディフェンダー ワークスV8』という。

■生産終了後も高い人気を誇る無骨なオフローダー『ディフェンダー』が限定復活!
『ディフェンダー』は、無骨なデザインと強靭なオフロード性能によってランドローバーの歴史を刻んできた伝統あるモデルだった。



その祖は1948年に登場したランドローバー『シリーズI』。1990年に『ディフェンダー』という名が与えられたが、70年にわたって基本的な構造やスタイリングを変えず、アップデートを繰り返しながら2016年初めまで生産されてきた。同じような歴史を持つクルマに先代のメルセデス・ベンツ『Gクラス』があるが、こちらは「40年」だった。



日本へは2004年以降、正規輸入はされなかったが、並行輸入業者の手によって多くの『ディフェンダー』がオーナーの手に渡っている。それは生産終了後も同じで、エンスージアストなどの間では現在も高い人気を誇る。



その『ディフェンダー』が今回、なぜ限定復活したのか? その理由は『シリーズI』が登場した年にある。2018年は、『シリーズI』のデビューからちょうど70周年にあたるアニバーサリーイヤー。これを記念して製作されたのが限定150台の『ディフェンダー ワークスV8』だ。

あわせて読みたい

記事提供社から

この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。