若さ維持のために知っておきたい「白髪」メカニズム

若さ維持のために知っておきたい「白髪」メカニズム
拡大する(全1枚)

白髪といえば、渋いオジサマの象徴ではあるが…40代ではロマンスグレーと呼ばれるにはまだ早い。できれば白髪を減らして黒々とした髪の毛を保っていきたいが、そのためにはどうしたらいいのだろう? 白髪が発生するメカニズムをはじめ、正しい白髪の処置方法や白髪を減らすための生活習慣などを、アンファー株式会社商品開発部の太田あつ子さんに聞いた。

■■今回のアドバイザー
アンファー株式会社
エイジング研究所 研究員 太田あつ子

女性専門薄毛クリニックの医師と研究開発をはじめ、2008年にスカルプD ボーテを立ち上げる。女性用頭皮ケアの生みの親。頭皮ケアシャンプー「スカルプD」で知られるアンファーは、「ニッポンを若くする」をポリシーとしたエイジングケアカンパニー。薄毛や白髪などの頭髪に関する研究はもちろんのこと、いつまでも美しく健やかなライフスタイルを提供するため、研究データを元にこれまで世の中になかった様々なエイジングケア商品やサービスを開発している。

■毛髪の色素細胞の働きが失われると白髪が発生する

太田さん「黒髪は、毛包の底部にある毛母の色素細胞(メラノサイト)がメラニンを合成して、毛髪となる細胞を黒く着色することで作られます。つまり、白髪はこの色素細胞が“減少・消失”、または“休止”した結果、現れてくるのです。

色素細胞の“減少・消失”は、加齢に伴って色素細胞の供給源となる色素幹細胞自体が疲労することにより引き起こされます。ただし、この現象は60歳以上の白髪のこと。60歳より若い方の白髪は、色素細胞が“休止”した状態にあり、メラニンが合成されない、または合成しても周囲の細胞に輸送供給できないことで発生します」
編集部おすすめ

当時の記事を読む

editeurの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

ライフスタイルニュースランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る
お買いものリンク