老舗が丹念に作り上げた「べっ甲」の高級腕時計

老舗が丹念に作り上げた「べっ甲」の高級腕時計
       

「べっ甲」は古くから世界中で愛されてきた希少な素材。日本でも伝統的な工芸品として、また装飾品として長い歴史を刻んできた。そんなべっ甲細工の伝統を享和2年(1802年)から200年以上も守り続ける「鼈甲石川」の七代目、石川浩太郎氏が新たに立ち上げたブランドが「江戸鼈甲屋」。代々受け継がれた技術を用いながら、べっ甲製品が持っていた本当の価値を生かすというコンセプトのもと、斬新なプロダクトを生み出しているが、そんな芸術的な工芸品のなかでも、ひと際目を引くのが「鼈甲腕時計」だ。

■ひとつ完成させるのに1カ月を要する芸術品

本物のべっ甲だけが醸し出すとろりとした色あいと、天然素材ならではの温もり。べっ甲のすべてを知り尽くした職人だからこそ生み出せる品格のある佇まいは、まさに伝統と革新が同居したファッション性を秘めている。

腕時計の仕様は、縦が約3.5 cm×横3.5 cm(リュウズ含まず)。厚さは0.9 cmほどで、ベルト、ベゼルに天然べっ甲が使われている。価格は税別12万2000円だ。

この芸術品ともいえる腕時計に使用されているべっ甲の加工には、非常に多くの工程が必要で、ひとつの腕時計が出来上がるまでに約1カ月かかるという。べっ甲は一枚の甲羅を切り出して製品になるものが少ないため、数枚を張り合わせて厚みをもたせている。その際に接着剤の類はいっさい使用しない。甲羅自体に膠(ニカワ)成分が含まれているので、熱と水と圧力をかけることにより甲羅同士を融合させるのだ。

当時の記事を読む

editeurの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュース

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年7月11日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。