蘇ったウィンダム──レクサスESが日本市場に初上陸

蘇ったウィンダム──レクサスESが日本市場に初上陸

世界最大級の規模に成長した中国の自動車市場。それだけに、北京モーターショーは注目の的で、各社とも力を入れた新型車を惜しみなく投入している。レクサスでいえば、新型『ES』だろう。『ES』は、フラッグシップセダンの『LS』とともに、1989年のブランド誕生当初から歴史を紡いできたモデル。位置付けは『LS』に次ぐミドルクラスにあたり、販売の中核を成す。車名の「ES」は、ラグジュアリーセダンの『LS』に対し、『ES』はエクゼクティブセダンの頭文字とされており、走行性能よりも、乗り心地を重視した王道の一台。現行型は2012年にデビューした6代目となる。すでに8年が経過しており、フルモデルチェンジ間近とみられていたが、北京モーターショーでそのベールを脱いだ。

■日本では『ウィンダム』として発売されていたレクサスのミドルセダン『ES』
「レクサス ES300、日本名ウィンダム」──。まだバブルの余韻が残る1991年、トヨタ『ウィンダム』が発売されたときのキャッチコピーだ。



筆者が初めて「レクサス」というブランドを知ったのはこのときだった。当時の『ES』は2代目にあたり、4代目までが日本でも『ウィンダム』として販売されていた。



しかし、LEXUSブランドが2005年に日本へと上陸し、『ウィンダム』も2006年に販売が終了。その後、『ウィンダム』の代わりとして『ES』が販売されることはなかった。新型『ES』は2018年秋に初の日本市場導入が予定されており、一部では『ウィンダム』の復活といった表現も用いられている。

あわせて読みたい

気になるキーワード

editeurの記事をもっと見る 2018年6月16日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「アウディ」のニュース

次に読みたい関連記事「アウディ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「スバル」のニュース

次に読みたい関連記事「スバル」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ポルシェ」のニュース

次に読みたい関連記事「ポルシェ」のニュースをもっと見る

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。