映画&ドラマスターが「やって後悔した際どいシーン」5選 『氷の微笑』のシャロン・ストーンほか

自分とは全く異なる人物を演じる役者は、望まずとも文字通り“一肌脱いだ”り、体当たり演技を見せなければならない時があります。しかし、なかには実際に演じて後悔した人もいるようで、今回は映画&ドラマスターが「やって後悔した際どいシーン」5選をご紹介。

『氷の微笑』:シャロン・ストーン

映画&ドラマスターが「やって後悔した際どいシーン」5選 『氷の微笑』のシャロン・ストーンほか

Sharon Stone during Rockin' the Corps Concert - An American Thank You Celebration for US Marines - Arrivals at Camp Pendelton in San Diego, California, United States. (Photo by Jeffrey Mayer/WireImage for PMK/HBH)

1992に公開されたエロティック・スリラー映画『氷の微笑』は、アイスピック殺人事件の捜査線上に浮かび上がった作家キャサリン・トラメルを捜査するうちに、担当刑事が彼女の妖しい魅力の虜になっていく…というストーリー。

なんといっても本作のハイライト(!?)は、刑事の尋問を受けたキャサリンが、故意に大きく脚を組み替えるシーンだといっても過言ではありません。とにかく、あのシーンは大きな話題となりました。

氷の微笑

映画&ドラマスターが「やって後悔した際どいシーン」5選 『氷の微笑』のシャロン・ストーンほか

原題 :Basic Instinct

1992年6月6日より全国にて公開

1992年/アメリカ/128分

more

キャサリンを演じたシャロン・ストーンは、問題のシーンが実際に大画面に映るまで、どんな仕上がりになるのか分からなかったのだそう。

そして、完成作を劇場で友人と一緒に鑑賞した彼女は、そのシーンを見てビックリ! 映画が終わった後に監督の元に行ったシャロンは監督を叩き、「私が独りの時に見せることが出来たでしょ」と怒ったと明かしています。

とはいっても、この映画と問題のシーンでハリウッドにおける地位と人気を確かなものにしただけに、そこまで文句は言えないかも!?

『ビッグ・リトル・ライズ ~セレブママたちの憂うつ~』:ニコール・キッドマン

『ビッグ・リトル・ライズ ~セレブママたちの憂うつ~』は、全てを手に入れた郊外に住むセレブママ達の裏の顔を、小学校で起きた殺人事件を絡めながら描くミステリードラマシリーズ。

ニコール・キッドマンは、夫ペリーに溺愛されながらも暴力を受けている美しき妻セレステを演じ、劇中にはペリーから酷い暴力を受けるシーンが数多く登場しました。

映画&ドラマスターが「やって後悔した際どいシーン」5選 『氷の微笑』のシャロン・ストーンほか

HOLLYWOOD, CA - FEBRUARY 07: Actress Nicole Kidman attends the premiere of HBO's 'Big Little Lies' at TCL Chinese Theatre on February 7, 2017 in Hollywood, California. (Photo by Steve Granitz/WireImage)

暴行を受けながら夫とセックスをするシーンを撮影した後、ニコールは立ち上がることが出来ず、立ち上がりたくもなかったと明かしていました。

そのエピソードで監督を務めたジャン=マルク・ヴァレがタオルを掛けてくれたそうですが、横たわりながらニコールは屈辱でボロボロになり、心の中では怒りを感じていたとのこと。いくら演技とはいえ、そんなシーンを演じるのは一女性として、プロの女優でも相当辛かったのではないかと想像に難くありません。

しかしニコールは、その迫真の体当たり演技でエミー賞ドラマ部門の助演女優賞を受賞し、女優魂を見せつけました。

『タイタニック』:ケイト・ウィンスレット

映画&ドラマスターが「やって後悔した際どいシーン」5選 『氷の微笑』のシャロン・ストーンほか

Kate Winslet during The 77th Annual Academy Awards - Arrivals at Kodak Theatre in Hollywood, California, United States. (Photo by Jeffrey Mayer/WireImage)

世界的な大ヒットとなった映画『タイタニック』(1997年)は、処女航海で氷山に激突&沈没したタイタニック号で出会った、ジャックとローズの純愛を描く一大ロマンス巨編。

本作でローズ役を演じて大ブレイクを果たしたケイト・ウィンスレットは、映画の公開当時に22歳でした。

劇中には、絵描きを目指すジャックがヌードのローズをスケッチするシーンが登場しましたが、そのシーンを振り返ったケイトは、「あんなに肌を見せなければ良かったと思ったけど私は若かったし、(女優として)証明しないといけないと分かってたから」と語っていました。

タイタニック(1997)

映画&ドラマスターが「やって後悔した際どいシーン」5選 『氷の微笑』のシャロン・ストーンほか

原題 :Titanic

1997年12月20日より全国にて公開

1997年/アメリカ/189分

more

これまでに、あまりに激しすぎて物議を醸した映画のラブシーンがありましたが、そういった場面に比べたら、ケイトが後悔したシーンは心配するほどではないと思うのですが、まだ女優として経験が浅かった当時は難しいシーンだったのかもしれませんね。

ちなみにケイトは、『タイタニック』の11年後に公開された『愛を読むひと』では、超大胆なヌード&ラブシーンを披露していました。

『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』

映画&ドラマスターが「やって後悔した際どいシーン」5選 『氷の微笑』のシャロン・ストーンほか

SANTA MONICA, CALIFORNIA - FEBRUARY 23: Dakota Johnson attends the 2019 Film Independent Spirit Awards on February 23, 2019 in Santa Monica, California. (Photo by Axelle/Bauer-Griffin/FilmMagic)

E・L・ジェイムズの同名官能小説を映画化した『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』は、ほぼ恋愛経験がない女子大生のアナスタシア・スティールが若き実業家クリスチャン・グレイと出会い、SMの世界にハマっていく姿が描かれる作品です。

フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ

映画&ドラマスターが「やって後悔した際どいシーン」5選 『氷の微笑』のシャロン・ストーンほか

原題 :FIFTY SHADES OF GREY

2015年2月13日より全国にて公開

2015年/アメリカ/125分

more

“マミーポルノ”とまで呼ばれた小説&映画ともに性描写が満載で、アナスタシア役を演じたダコタ・ジョンソンは縛られたり鞭で打たれるシーンに挑まなければならず、肉体的にも精神的にもきつかったとのこと。

撮影現場も官能的で楽しめるような環境ではなく、暑くて汗はかくしで居心地が良くなかったと語っていました。

『ゲーム・オブ・スローンズ』:エミリア・クラーク

映画&ドラマスターが「やって後悔した際どいシーン」5選 『氷の微笑』のシャロン・ストーンほか

エミリア・クラーク

BEVERLY HILLS, CALIFORNIA - FEBRUARY 24: Emilia Clarke attends 2019 Vanity Fair Oscar Party Hosted By Radhika Jones - Arrivals at Wallis Annenberg Center for the Performing Arts on February 24, 2019 in Beverly Hills, California. (Photo by Daniele Venturelli/WireImage)

大河ファンタジードラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』は、その丹念に練られた脚本と精巧なキャラクター構築で大絶賛されているシリーズですが、同時に大胆なヌードや濡れ場が多いことでも知られている作品です。

本作でデナーリス・ターガリエンを演じるエミリア・クラークは、劇中で何度もヌードになっているのですが、両親に「番組を見てるけど、今シーズンは脱がないでね」と言われたことがあるのだとか。

そう言われたのに再びヌードシーンが登場し、父親に「また?」と言われて後悔したと明かしていました。特に自分のヌードやラブシーンに関しては、両親に見られたくないという俳優の思いは万国共通かもしれませんね…。

映画&ドラマスターが「やって後悔した際どいシーン」5選 『氷の微笑』のシャロン・ストーンほか

ウーナ・チャップリン

HOLLYWOOD, CA - OCTOBER 04: Oona Chaplin arrives at the HBO Films' 'My Dinner With Herve' Premiere at Paramount Studios on October 4, 2018 in Hollywood, California. (Photo by Frazer Harrison/Getty Images)

そしてエミリアのヌードについては、本シリーズでタリサ役を演じたウーナ・チャップリンが、「主役級女優の一人が“おっぱい女優”だと呼ばれたくないから、もうヌードはやらないと主張していた」と裏話を披露していたのですが、この“主役級女優”とはエミリアのことではないかと言われています。

'Game Of Thrones' star refuses to do more nude scenes - NME

10 Steamy Scenes Famous Actors Regret Doing | Decider

あわせて読みたい

映画boardの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

映画ニュースアクセスランキング

映画ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年4月17日の映画記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内映画、海外映画、ハリウッド俳優や女優情報をお届け中。撮影秘話や裏話などのニュースも充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。