神山健治の新たな代表作となるか?『ULTRAMAN』がハイクオリティ過ぎる

Netflixで配信がスタートしたフル3DCGアニメーション『ULTRAMAN』。神山健治、荒牧伸志両監督が手がけた同作のクオリティが異常に高かったのでお勧めします。

日本の特撮界の分岐点となるか?『ULTRAMAN』のクオリティが高過ぎる件

Netflixで配信がスタートしたフル3DCGアニメーション『ULTRAMAN』。『攻殻機動隊 S.A.C.』シリーズ、『精霊の守り人』、『東のエデン』などで知られる神山健治監督と、『APPLESEED』などで知られる荒牧伸志監督がタッグを組んだことでも話題を呼んでいる作品です。

4月1日から配信がスタートした本作ですが、特にアクションシーンのフル3DCGアニメーションは、同じくNetflixオリジナルのアニメーションとして配信中の『ラブ、デス&ロボット』と比べても全く劣らないものだと思います。特に、主人公がウルトラマンに変身してからの夜のシーンは、一瞬実写かと思うほどのクオリティで、一見の価値があると思います。

迫力がありつつ、チープさを感じさせない作りは、日本のヒーロー作品の新機軸となるかもしれません。同じくNetflixで配信中の『DEVILMAN crybaby』や、昨年公開された『ニンジャバットマン』、現在公開中の『スパイダーマン: スパイダーバース』など。近年はアニメーションでも素晴らしいヒーロー作品が次々と誕生していますが、『ULTRAMAN』のクオリティを見ると、日本でも今後、もっとアニメでヒーローが描かれる機会が増えていくかもしれません。

もちろん、実写には実写の良さがありますが、日本のアニメの技術的成長を見ると、『仮面ライダー』や『スーパー戦隊シリーズ』などの人気シリーズもアニメで見てみたい、という気持ちを抱きました。

ともあれ、まずは『ULTRAMAN』。ハイクオリティなので、是非、チェックしてみてくださいね!

あわせて読みたい

映画boardの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

映画ニュースアクセスランキング

映画ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年4月2日の映画記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内映画、海外映画、ハリウッド俳優や女優情報をお届け中。撮影秘話や裏話などのニュースも充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。