名作映画で振り返る【平成】あなたの思い出の映画は?生まれた年の受賞作は?全30作アカデミー作品賞を解説

海外では元号は関係ありませんが、平成時代、過去30年間のアカデミー作品賞を振り返ってみました。昭和生まれの人は、公開当時の記憶を思い出してみては?平成生まれの人は、生まれた年の作品賞を見るきっかけになるとうれしいです。平成元年から30年まで。名作映画全30作品一挙解説。

平成元年(1989年)第62回アカデミー作品賞『ドライビングMISSデイジー』

ブルース・ベレスフォード監督作。

主演のジェシカ・タンディは公開当時80才。モーガン・フリーマンは、52才。
気難しい元教師の老婦人を演じたジェシカと、穏やかなモーガン・フリーマンのハーモニーは必見!
ジェシカ・タンディは、本作で最高齢でのアカデミー主演女優賞を獲得しました。

30年後の2018年に公開される映画『グリーン・ブック』とは逆のシュチュエーションで、白人女性の運転手として、黒人男性が雇われ、温かい交流が生まれます。

アカデミー作品賞、主演女優賞(ジェシカ・タンディ)、脚色賞、メイクアップ賞受賞

ドライビング・MISS・デイジー

名作映画で振り返る【平成】あなたの思い出の映画は?生まれた年の受賞作は?全30作アカデミー作品賞を解説

原題 :Driving Miss Daisy

1990年5月12日より全国にて公開

1989年/アメリカ/99分

more

平成2年(1990年)第63回アカデミー作品賞『ダンス・ウィズ・ウルブス』

80年、90年代の大スターケヴィン・コスナー、初監督作。
南北戦争時代、北軍を離脱した兵士が、先住民と交流していく。

大自然、動物、友情、先住民の教えなど、美しいものを丹念に描いた感動作。
キャリアの最高潮であろう、ケヴィンのハンサムぶりも輝かしい。

アカデミー作品賞、監督賞、脚色賞、撮影賞、作曲賞、録音賞受賞

ダンス・ウィズ・ウルブズ

名作映画で振り返る【平成】あなたの思い出の映画は?生まれた年の受賞作は?全30作アカデミー作品賞を解説

原題 :Dances with Wolves

1991年5月18日より全国にて公開

1990年/アメリカ/181分

more

平成3年(1991年)第64回アカデミー作品賞『羊たちの沈黙』

ジョナサン・デミ監督作。

FBIの訓練生クラリスが、連続殺人犯として収監されているレクター博士に捜査協力を依頼する。

プロファイリングや、FBI捜査官VS連続殺人犯という構図など、その後の映画やドラマに、多大なる影響を与えたサイコサスペンスの名作。
アカデミー賞主要5部門を独占する快挙を達成した。(作品賞、監督賞、主演男優賞、主演女優賞、脚色賞)

初々しさが残る主演のジョディ・フォスターは、公開当時29才。迫力ある演技が光るアンソニー・ホプキンスは、54才。名優二人の代表作でもある。

羊たちの沈黙

名作映画で振り返る【平成】あなたの思い出の映画は?生まれた年の受賞作は?全30作アカデミー作品賞を解説

原題 :The Silence of the Lambs

1991年6月14日より全国にて公開

1991年/アメリカ/119分

more

平成4年(1992年)第65回アカデミー作品賞『許されざる者』

クリント・イーストウッド監督作

最後の西部劇スターであるイーストウッドが、西部劇映画の終焉を称えるべく製作、監督、主演した映画であるため「最後の西部劇」と称されている。

公開当時、62才だったイーストウッドの俳優、監督としての才能を大いに感じられる秀作。
人間とは、罪とは何なのかを考えさせられ、西部劇を見たことがない世代でも十分に楽しめる。

アカデミー作品賞、監督賞、助演男優賞(ジーン・ハックマン)、編集賞受賞

許されざる者(1992)

名作映画で振り返る【平成】あなたの思い出の映画は?生まれた年の受賞作は?全30作アカデミー作品賞を解説

原題 :Unforgiven

1993年4月17日より全国にて公開

1992年/アメリカ/131分

more

平成5年(1993年)第66回アカデミー作品賞『シンドラーのリスト』

スティーヴン・スピルバーグ監督作

ナチスドイツの占領下となった、第二次世界大戦時のポーランド。
約1200人のユダヤ人の命を救ったドイツ人実業家シンドラー(リーアム・ニーソン)の実話を、ドキュメンタリータッチで描く。

戦争が引き起こす人間の狂気というものが、白黒映像なのに(白黒だからこそ)迫力ある映像として迫り、見る者の心をえぐる。
スピルバーグ監督、待望の監督賞受賞作。

アカデミー作品賞、監督賞、美術賞、撮影賞、脚色賞、作曲賞、編集賞受賞

シンドラーのリスト

名作映画で振り返る【平成】あなたの思い出の映画は?生まれた年の受賞作は?全30作アカデミー作品賞を解説

原題 :Schindler's List

1994年2月26日より全国にて公開

1993年/アメリカ/0分

more

平成6年(1994年)第67回アカデミー作品賞『フォレスト・ガンプ/一期一会』

ロバート・ゼメキス監督作。

障害を持った少年フォレスト(トム・ハンクス)の奇想天外な人生を、アメリカの近代史と並行して綴っていく。
アメリカ近代史の有名人と、フォレストとの出会い(ニアミスを含む)が面白い、大人のためのファンタジー。

シリアスからコメディまでこなす俳優トム・ハンクスの芸達者ぶりに圧倒されます。
今のようにCG技術が発達していない時代の、画像処理技術にも注目。

アカデミー作品賞、監督賞、主演男優賞(トム・ハンクス)、脚色賞、編集賞、視覚効果賞受賞

フォレスト・ガンプ 一期一会

名作映画で振り返る【平成】あなたの思い出の映画は?生まれた年の受賞作は?全30作アカデミー作品賞を解説

原題 :Forrest Gump

1995年3月11日より全国にて公開

1994年/アメリカ/142分

more

平成7年(1995年)第68回アカデミー作品賞『ブレイブハート』

メル・ギブソン監督、製作、主演作。

スコットランドの実在の英雄、ウィリアム・ウォレスの生涯を描いた歴史スペクタクル大作。
製作費2700万ドルを投じて数千人のエキストラを導入し再現した戦闘場面は必見!
スコットランドとイギリスの歴史背景を知らなくても、信念をもって立ち上がった男の物語として感情移入できる。

当時39才の大スター、メル・ギブソンが、監督・製作・主演の3役務め上げオスカーを獲得しました。

アカデミー作品賞、監督賞、撮影賞、音響編集賞、メイクアップ賞受賞

ブレイブハート

名作映画で振り返る【平成】あなたの思い出の映画は?生まれた年の受賞作は?全30作アカデミー作品賞を解説

原題 :Braveheart

1995年10月14日より全国にて公開

1995年/アメリカ/177分

more

平成8年(1996年)第69回アカデミー作品賞『イングリッシュ・ペイシェント』

アンソニー・ミンゲラ監督作。

戦時下のイタリア、飛行機事故で全身に火傷を負った男(レイフ・ファインズ)が、野戦病院に運び込まれる。
献身的に面倒を見てくれる看護婦のハナ(ジュリエット・ビノシュ)に、男が語った素性は、悲しく切ない物語だった。

現在でも活躍中の俳優たち、レイフ・ファインズ、ジュリエット・ビノシュ、クリスティーン・スコットトーマス、コリン・ファース、ナヴィーン・アンドリュースなどが出演。

アカデミー作品賞、監督賞、助演女優賞(ジュリエット・ビノシュ)美術賞、撮影賞、音響賞、作曲賞、編集賞、衣装デザイン賞受賞

イングリッシュ・ペイシェント

名作映画で振り返る【平成】あなたの思い出の映画は?生まれた年の受賞作は?全30作アカデミー作品賞を解説

原題 :The English Patient

1997年4月26日より全国にて公開

1996年/アメリカ/162分

more

平成9年(1999年)第70回アカデミー作品賞『タイタニック』

ジェームズ・キャメロン監督作

レオナルド・ディカプリオ、ケイト・ウィンスレットの主演でタイタニック号の悲劇を描く。
氷山にぶつかり船が沈没することは分かっているのに、ハラハラさせる絶妙な演出&脚本力。
何よりも、今から20年以上前の技術で、タイタニック号を映像として蘇らせたキャメロン監督の執念を感じる。

「どうせ恋愛映画だろ」と思って見ていなかった人にぜひ見てもらいたい。
パニックムービーとしても一級品だし、極限状態に陥った人間の行動についても考えさせられます。

全盛期のレオナルド・ディカプリオの美しさにも注目。

アカデミー作品賞、監督賞、美術賞、撮影賞、音響賞、歌曲賞、作曲賞、編集賞、視覚効果賞、衣装デザイン賞、音響編集賞受賞

タイタニック(1997)

名作映画で振り返る【平成】あなたの思い出の映画は?生まれた年の受賞作は?全30作アカデミー作品賞を解説

原題 :Titanic

1997年12月20日より全国にて公開

1997年/アメリカ/189分

more

平成10(1998年)第71回アカデミー作品賞『恋に落ちたシェイクスピア』

ジョン・マッデン監督作

シェイクスピアの戯曲「ロミオとジュリエット」「十二夜」のストーリーと絡めて、文豪シェイクスピアの短い恋を描いたマーク・ノーマン&トム・ストッパードのオリジナル脚本。

エリザベス一世の時代の社会について(娯楽、衣装、貴族階級と庶民の格差など)、特に演劇の社会的位置づけを理解するきっかけにもなる。
当時、26才のかわいらしいグウィネス・パルトロウ、28才の色気たっぷりのジョセフ・ファインズ主演。
若き日のコリン・ファース、ベン・アフレックも登場するので要チェック!

アカデミー作品賞、脚本賞、主演女優賞(グウィネス・パルトロウ)、助演女優賞(ジュディ・デンチ)、美術賞、作曲賞、衣装デザイン賞

恋におちたシェイクスピア

名作映画で振り返る【平成】あなたの思い出の映画は?生まれた年の受賞作は?全30作アカデミー作品賞を解説

原題 :Shakespeare in Love

1999年5月1日より全国にて公開

1998年/アメリカ/123分

more

平成11年(1999年)第72回アカデミー作品賞『アメリカン・ビューティー』

サム・メンデス監督作

郊外の家に住み、庭で赤いバラ(アメリカン・ビューティ)を育てている幸せそうな家族。
その中身は崩壊寸前だった。

中年の危機を迎えた夫(ケヴィン・スペイシー)の行動が、妻(アネット・べニング)や娘(ソーラ・バーチ)、さらには、隣の家の家族にまで影響を与えていく。

アメリカの中に潜む問題点を、なんてことのないエピソードを通して、皮肉たっぷりに浮き彫りにしてくる不思議な映画。

アカデミー作品賞、脚本賞、監督賞、主演男優賞(ケヴィン・スペイシー)、撮影賞受賞

アメリカン・ビューティー

名作映画で振り返る【平成】あなたの思い出の映画は?生まれた年の受賞作は?全30作アカデミー作品賞を解説

原題 :American Beauty

2000年4月29日より全国にて公開

1999年/アメリカ/122分

more

平成12年(2000年)第73回アカデミー作品賞『グラディエーター』

リドリー・スコット監督作

古代ローマ時代、奴隷となり剣闘士(グラディエイター)として売られた男の運命を描いた歴史スペクタクル。
コロッセオでの凄まじい健闘シーンは圧巻。
ただし、映像としてもストーリー上でも、残酷ではあるので苦手な人は要注意。

ラッセル・クロウが演じる主人公の勇気と信念を応援する気持ちになって見てしまうのですが、仇の皇帝役ホアキン・フェニックスの演技も素晴らしい。

アカデミー作品賞、主演男優賞(ラッセル・クロウ)、音響賞、視覚効果賞、衣装デザイン賞受賞

グラディエーター

名作映画で振り返る【平成】あなたの思い出の映画は?生まれた年の受賞作は?全30作アカデミー作品賞を解説

原題 :Gladiator

2000年6月17日より全国にて公開

2000年/アメリカ/155分

more

平成13年(2001年)第74回アカデミー作品賞『ビューティフル・マインド』

ロン・ハワード監督作

ノーベル経済学賞を受賞した天才数学者ジョン・ナッシュの人生をラッセル・クロウ主演で描く感動作。

天才だが人づきあいが苦手なナッシュは、親友のチャールズ(ポール・ベタニ―)に励まされながら大学を卒業する。
研究をつづけながらも、統合失調症の症状が現れ始めるナッシュは、ある日、衝撃の事実を知ることになる。

前年の『グラディエイター』とは全く違う繊細な演技を見せるラッセル・クロウに驚きます。
ナッシュの妻役ジェニファー・コネリーと親友のチャールズ役ポール・ベタニ―は、映画公開後の2003年に結婚しています。

アカデミー作品賞、監督賞、助演女優賞(ジェニファー・コネリー)、脚色賞受賞

ビューティフル・マインド

名作映画で振り返る【平成】あなたの思い出の映画は?生まれた年の受賞作は?全30作アカデミー作品賞を解説

原題 :A Beautiful Mind

2002年3月30日より全国にて公開

2001年/アメリカ/136分

more

平成14年(2002年)第75回アカデミー作品賞『シカゴ』

ロブ・マーシャル監督作。

ブロードウェイの伝説的振付師・演出家、ボブ・フォッシーのミュージカル『シカゴ』を映像化。
ヴェルマ役キャサリン・ゼタ・ジョーンズの歌唱力の高さに度肝を抜かれます。
ロキシー役レニー・ゼルウィガーと、弁護士のフリン役リチャード・ギアの歌唱もチャーミング。

一級品ミュージカルならではの、楽しい曲ばかりですが、おすすめは女囚たちが歌って踊る「Cell Block Tango」。
超絶クールです♪

アカデミー作品賞、助演女優賞(レニー・ゼルウィガー)、美術賞、音響賞、編集賞、衣装デザイン賞受賞

シカゴ(2002)

名作映画で振り返る【平成】あなたの思い出の映画は?生まれた年の受賞作は?全30作アカデミー作品賞を解説

原題 :Chicago

2003年4月19日より全国にて公開

2002年/アメリカ/113分

more

平成15年(2003)第76回アカデミー作品賞『ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還』

ピーター・ジャクソン監督作

『ロード・オブ・ザ・リング/旅の仲間』(2001年)、『ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔』(2002年)に続く、三部作の完結編。
この大作シリーズを、毎年作っていた製作チームの執念は、もの凄い映像美となってスクリーンに現れています。

アンディ・サーキスがモーションキャプチャーと声を担当したゴラムは、CGとは思えないほどの「役者感」を出しており、素晴らしい演技をしているので注目です。

アカデミー作品賞、監督賞、美術賞、脚色賞、音響賞、歌曲賞、作曲賞、編集賞、視覚効果賞、衣装デザイン賞、メイク・ヘアスタイリング賞受賞

ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還

名作映画で振り返る【平成】あなたの思い出の映画は?生まれた年の受賞作は?全30作アカデミー作品賞を解説

原題 :The Lord of the Rings: The Return of the King

2004年2月14日より全国にて公開

2003年/アメリカ/203分

more

平成16年(2004年)第77回アカデミー作品賞『ミリオンダラー・ベイビー』

クリント・イーストウッド監督作

家族に愛されない女マギー(ヒラリー・スワンク)と、家族とだけうまくいかない男フランキー(クリント・イーストウッド)。
ボクシングでつながれた二人の間に、いつしか「家族」のような絆が生まれていく。
二人を見守るエディ(モーガン・フリーマン)の暖かいまなざしに満ちた存在感も、見ごたえあります。

善か悪か、マルかバツかと単純には決められないことが世の中には存在します。
この映画のラスト、あなたはどう思いますか?

アカデミー作品賞、監督賞、主演女優賞(ヒラリー・スワンク)、助演男優賞(モーガン・フリーマン)

ミリオンダラー・ベイビー

名作映画で振り返る【平成】あなたの思い出の映画は?生まれた年の受賞作は?全30作アカデミー作品賞を解説

原題 :Million Dollar Baby

2005年5月28日より全国にて公開

2004年/アメリカ/133分

more

平成17年(2005年)第78回アカデミー作品賞『クラッシュ』

ポール・ハギス監督作

前年の作品賞『ミリオンダラー・ベイビー』の脚本を書いたポール・ハギスが監督を担当。

黒人警察官、ドラマプロデューサー、白人警察官、ヒスパニック系錠前屋、ペルシャ系雑貨店主など、さまざまな人種のロサンゼルス市民。
一見、何のつながりも人々の人生が、ある日、クラッシュ(衝突)して、交錯していく。

アメリカ社会に残る差別主義エピソードが、続々と登場してきていたたまれない気持ちになりながらも、ストーリーに引き込まれていきます。

アカデミー作品賞、脚本賞、編集賞受賞

クラッシュ(2004)

名作映画で振り返る【平成】あなたの思い出の映画は?生まれた年の受賞作は?全30作アカデミー作品賞を解説

原題 :Crash

2006年2月11日より全国にて公開

2004年/アメリカ/112分

more

平成18年(2006年)第79回アカデミー作品賞『ディパーテッド』

マーティン・スコセッシ監督作

マフィアに潜入したビリー(レオナルド・ディカプリオ)と、警察に潜入したマフィアのスパイ、コリン(マット・デイモン)は、お互いの存在を知らない。
自分の任務をこなしながら、スパイの存在に気づき、スパイが誰か突き止めようとする。

ジャック・ニコルソン、マーティン・シーン、マーク・ウォールバーグ、ヴェラ・ファーミガ、アレック・ボールドウィンなど豪華キャストも魅力。

意外なことに、スコセッシ監督のアカデミー監督賞初受賞作。

アカデミー作品賞、監督賞、脚色賞、編集賞 受賞

ディパーテッド

名作映画で振り返る【平成】あなたの思い出の映画は?生まれた年の受賞作は?全30作アカデミー作品賞を解説

原題 :The Departed

2007年1月20日より全国にて公開

2006年/アメリカ/152分

more

平成19年(2007年)第80回アカデミー作品賞『ノーカントリー』

ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン(コーエン兄弟)監督作

モス(ジョシュ・ブローリン)は、テキサスの荒野で死体と、200万ドル詰めのトランクを発見し、奪ってしまう。
追手に追われるモスは、妻をメキシコに逃がし、逃走するが、殺し屋シガー(ハビエル・バルデム)の執拗な追跡が続く。

顔圧の強いハビエル・バルデムが、自分のルールに基づいて人を殺していく冷酷な殺し屋をもの静かに演じているのが怖い。

アカデミー作品賞、監督賞、助演男優賞(ハビエル・バルデム)、脚色賞 受賞

ノーカントリー

名作映画で振り返る【平成】あなたの思い出の映画は?生まれた年の受賞作は?全30作アカデミー作品賞を解説

原題 :No Country for Old men

2008年3月15日より全国にて公開

2007年/アメリカ/122分

more

平成20年(2008年)第81回アカデミー作品賞『スラムドッグ$ミリオネア』

ダニー・ボイル監督作

『フルモンティ(1997)』や『シャンプー台の向こうに』(2001)のサイモン・ビューフォイが脚色を担当。
インドのスラム街で育った青年ジャマール(デーヴ・パテル)が、人気クイズ番組に出演。
次々と正解し、ファイナルアンサーにまでたどり着くのだが……

教育を受けたことのないジャマールが、なぜ正解を答えることができたのか。ジャマールの過去の体験が現在にシンクロしていくのが感動的です。

アカデミー作品賞、監督賞、撮影賞、脚色賞、音響賞、歌曲賞、作曲賞、編集賞受賞

スラムドッグ$ミリオネア

名作映画で振り返る【平成】あなたの思い出の映画は?生まれた年の受賞作は?全30作アカデミー作品賞を解説

原題 :Slumdog Millionaire

2009年4月18日より全国にて公開

2008年/イギリス/120分

more

平成21年(2009年)第82回アカデミー作品賞『ハート・ロッカー』

キャサリン・ビグロー監督作

イラクに駐留するアメリカ軍の爆弾処理班の活動を描く。
ブラボー中隊の班長に就任したジェームズ(ジェレミー・レナ―)は、命知らずともいえる無謀な方法で任務と向き合う。
無事に任務を終え、帰国したい隊員たちとの間に確執がうまれてくる。

爆弾処理のシーンが多いため、常に緊張感を感じドキドキします。
キャサリン・ビグロ―監督は、本作で女性初の監督賞を受賞しました。

アカデミー作品賞、脚本賞、監督賞、音響賞、編集賞、音響編集賞 受賞

ハート・ロッカー

名作映画で振り返る【平成】あなたの思い出の映画は?生まれた年の受賞作は?全30作アカデミー作品賞を解説

原題 :The Hurt Locker

2010年3月6日より全国にて公開

2008年/アメリカ/131分

more

平成22年(2010年)第83回アカデミー作品賞『英国王のスピーチ』

トム・フーパ―監督作

現在のイギリス女王エリザベス2世の実父であるジョージ6世のイギリス国王就任までを描く。

吃音症に悩むアルバート王子(コリン・ファース)は、妻エリザベス(ヘレナ・ボナム=カーター)の勧めもあり、言語療法士ライオネル(ジェフリー・ラッシュ)の元でレッスンを受けることになる。

次男坊だったため、王位継承とは関係ないと思っていたアルバート王子の運命と、家族の絆、そして、平民であるライオネルとの友情を描いた事実に基づくハートフルな物語。

アカデミー作品賞、脚本賞、監督賞、主演男優賞(コリン・ファース) 受賞

英国王のスピーチ

名作映画で振り返る【平成】あなたの思い出の映画は?生まれた年の受賞作は?全30作アカデミー作品賞を解説

原題 :THE KING'S SPEECH

2011年2月26日より全国にて公開

2010年/イギリス オーストラリア/118分

more

平成2.年(2011年)第84回アカデミー作品賞『アーティスト』

ミシェル・アザナヴィシウス監督作

サイレント映画の大スタージョージ(ジャン・デュジャルダン)と、新人女優ペピー(ベレニス・ベジョ)。サイレント映画の衰退とともに落ちぶれてしまったジョージを密かに愛するペピーは助けようとするが……

白黒映画や、サイレント映画の良さを再確認させてくれるようなロマンティックな映画。
CGや迫力ある映像の全盛時代に、白黒&サイレントで挑戦してきた製作者たちの勇気ある決断も素晴らしい。

アカデミー作品賞、監督賞、主演男優賞(ジャン・デュジャルダン)、作曲賞、衣装デザイン賞 受賞

アーティスト

名作映画で振り返る【平成】あなたの思い出の映画は?生まれた年の受賞作は?全30作アカデミー作品賞を解説

原題 :The Artist

2012年4月7日より全国にて公開

2011年/フランス/100分

more

平成24年(2012年)第85回アカデミー作品賞『アルゴ』

ベン・アフレック監督作

1979年イランの過激派に占拠されたアメリカ大使館。辛くも脱出した6名の職員は、カナダ大使の私邸に逃げ込むが、過激派にバレれば命はない。
彼らを救うべく考えられた作戦は、この6名をフェイク映画のクルーとして仕立て、出国させるという奇想天外なものだった。

驚くべき実話を、俳優としても活躍しているベン・アフレックが監督&製作。
監督賞にはノミネートされなかったものの、作品賞を獲得する栄誉を受けた。

アカデミー作品賞、脚色賞、編集賞 受賞

アルゴ

名作映画で振り返る【平成】あなたの思い出の映画は?生まれた年の受賞作は?全30作アカデミー作品賞を解説

原題 :Argo

2012年10月26日より全国にて公開

2012年/アメリカ/120分

more

平成25年(2013年)第86回アカデミー作品賞『それでも夜は明ける』

スティーヴ・マックィーン監督作

1841年、アメリカ。ニューヨークで家族とともに暮らす自由黒人のソロモン(キウェテル・イジョフォー)は、誘拐され、奴隷としてアメリカ南部に売られてしまう。
奴隷として差別や虐待に耐えながらも、いつか家族と再会できることを信じて耐え続けるソロモン。

実在の人物ソロモン・ノーサップの回想記 「Twelve Years a Slave」をもとに映画化されている。
実話だからこそ、心に響く感動作。

アカデミー作品賞、助演女優賞(ルピタ・ニョンゴ)、脚色賞 受賞

それでも夜は明ける

名作映画で振り返る【平成】あなたの思い出の映画は?生まれた年の受賞作は?全30作アカデミー作品賞を解説

原題 :12 Years a Slave

2014年3月7日より全国にて公開

2013年/アメリカ イギリス/134分

more

平成26年(2014年)第87回アカデミー作品賞『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』

アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督作

「バードマン」というヒーローもの映画でスターになった俳優リーガン(マイケル・キートン)。
60代になり、俳優としてもう一花咲かせようと自ら脚色・演出・主演する芝居の初日がせまっていた。

精神的に追い詰められていくリーガン。バードマンの声が聞こえ「ああしろ、こうしろ」と話しかけてくる。

ブロードウェイの劇場を舞台に、公演が始まる前の演劇人のぶっ飛び感を描く。

エドワード・ノートン、エマ・ストーン、ナオミ・ワッツなど豪華キャストも魅力的。

アカデミー作品賞、脚本賞、監督賞、撮影賞 受賞

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)

名作映画で振り返る【平成】あなたの思い出の映画は?生まれた年の受賞作は?全30作アカデミー作品賞を解説

原題 :BIRDMAN OR (THE UNEXPECTED VIRTUE OF IGNORANCE)

2015年4月10日より全国にて公開

2014年/アメリカ/120分

more

平成27年(2015年)第88回アカデミー作品賞『スポットライト 世紀のスクープ』

トーマス・マッカーシー監督作

ボストンの地方紙ボストン・グローブ紙が報じたカトリック教会の神父による性的虐待事件。
その裏には、さらに闇の深い事実が隠されていた。
カトリック教会に対抗する姿勢で、取材を進める新聞記者たちの信念を描いた社会派ドラマ。

マーク・ラファロ、マイケル・キートン、レイチェル・マクアダムスら実力派俳優たちが集結。

アカデミー作品賞、脚本賞受賞

スポットライト 世紀のスクープ

名作映画で振り返る【平成】あなたの思い出の映画は?生まれた年の受賞作は?全30作アカデミー作品賞を解説

原題 :SPOTLIGHT

2016年4月15日より全国にて公開

2015年/アメリカ/128分

more

平成28年(2016年)第89回アカデミー作品賞『ムーンライト』

バリー・ジェンキンス監督作

マイアミの貧困地区に育った青年の成長を、①リトル(少年時代)②シャロン(高校時代)③ブラック(高校卒業後)という三部構成にして描いていく。

静かで、淡々とした独特の映像で、少年の孤独な心、悲しみ、戸惑いを描いています。

助演男優賞を獲得したマハーシャラ・アリは、①リトルに登場。
賞に値する名演を見せています。

アカデミー作品賞助、助演男優賞(マハーシャラ・アリ)、脚色賞 受賞

ムーンライト

名作映画で振り返る【平成】あなたの思い出の映画は?生まれた年の受賞作は?全30作アカデミー作品賞を解説

原題 :MOONLIGHT

2017年3月31日より全国にて公開

2016年/アメリカ/111分

more

平成29年(2017年)第90回アカデミー作品賞『シェイプ・オブ・ウォーター』

ギレルモ・デル・トロ監督作

言葉をしゃべれない清掃員のイライザ(サリー・ホーキンス)と、政府の極秘施設に捕らえられた謎の生物の恋愛物語。

高圧的なストリックランド(マイケル・シャノン)VS優しい人々(イライザとその仲間たち)の構図が面白い。
青みが買った美しい画面が印象的。

大人のおとぎ話ですが、少しダークではあるので、好みは分かれるかもしれません。

アカデミー作品賞、監督賞、美術賞、作曲賞 受賞

シェイプ・オブ・ウォーター

名作映画で振り返る【平成】あなたの思い出の映画は?生まれた年の受賞作は?全30作アカデミー作品賞を解説

原題 :THE SHAPE OF WATER

2018年3月1日より全国にて公開

2017年/アメリカ/124分

more

平成30年(2018年)第91回アカデミー作品賞『グリーンブック』

ピーター・ファレリー監督作

黒人差別が横行していた1960年代。
根強い差別意識が残るアメリカ南部を演奏旅行するピアニスト(マハーシャラ・アリ)とボディガード兼運転手のトニー(ヴィゴ・モーテンセン)のロードムービー。

起承転結があり、ハッピーエンドで終わる。
映画の原点に戻ったような、これぞ映画という作り方で、黒人が白人と同じレストランで食事もできなかったおかしな時代を描いている。

「メリーに首ったけ」「愛しのローズマリー」など、コメディ映画を撮ってきた監督だけあって笑えるシーンも多いです。

アカデミー作品賞、脚本賞、助演男優賞(マハーシャラ・アリ)受賞

グリーンブック

名作映画で振り返る【平成】あなたの思い出の映画は?生まれた年の受賞作は?全30作アカデミー作品賞を解説

原題 :GREEN BOOK

2019年3月1日より全国にて公開

2018年/アメリカ/130分

more

あわせて読みたい

映画boardの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

映画ニュースアクセスランキング

映画ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年4月10日の映画記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内映画、海外映画、ハリウッド俳優や女優情報をお届け中。撮影秘話や裏話などのニュースも充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。