製作30周年!塚本晋也伝説のデビュー作『鉄男』シリーズ3作が5月11日から一挙に爆音上映で見られる!

製作30周年!塚本晋也伝説のデビュー作『鉄男』シリーズ3作が5月11日から一挙に爆音上映で見られる!
拡大する(全4枚)
世界から注目を集める鬼才・塚本晋也のデビュー作『鉄男』と続編の『鉄男II BODY HAMMER』『鉄男 THE BULLET MAN』が製作30周年を記念して5月11日から31日にかけて立川シネマシティにて極上音響で一挙上映されることが決まった。

平成元年に公開され世界中で塚本フリークを生み出すことになった伝説のカルト映画『鉄男』。

近年の『野火』『斬、』などでもその作家性が存分に発揮されていた塚本晋也だが、この『鉄男』は出処女作だけあって彼の脳内が一切混じりけなく再現されたかのような、最も強烈な一本だ。

金属と合体したい願望を持った男が、暴走し、金属そのものになっていくさまを、モノクロ映像と高密度でハイスピードな編集と圧倒的な立体音響でまさに体感する映画で、立川シネマシティの極音上映にはまさに最適な一本だろう。

おまけに1作目だけでなく続編の『鉄男II BODY HAMMER』『鉄男 THE BULLET MAN』まで上映される。

『鉄男 THE BULLET MAN』は全編英語。それだけ『鉄男』が世界で受けた証だ。

既に亡くなってしまったインダストリアルミュージシャンの石川忠の最高傑作とも名高いサウンドトラックを体感できるいい機会。

『鉄男』は5月11日から17日、『鉄男II BODY HAMMER』は5月18日から24日、『鉄男 THE BULLET MAN』は5月25日から31日の上映予定。

さらに11日には塚本監督の『鉄男』の主演の田口トモロヲが舞台挨拶を行い、司会はイラストレータの三留まゆみが務める。

18日は塚本、田口と映画評論家塩田時敏が参加し、『鉄男II BODY HAMMER』について語り合い、25日には塚本とキャストのエリック・ボシック、桃生亜希子、中村優子が登壇し、司会を映画評論家・森直人が担当するなど豪華なラインナップだ。

平成元年に公開され、30年人々を虜にしてきた伝説の映画を新たに令和の時代に味わってみてはいかがだろうか。

製作30周年!塚本晋也伝説のデビュー作『鉄男』シリーズ3作が...の画像はこちら >>

VENICE, ITALY - SEPTEMBER 07: Shinya Tsukamoto walks the red carpet ahead of the 'Killing (Zan)' screening during the 75th Venice Film Festival at Sala Grande on September 7, 2018 in Venice, Italy. (Photo by Stefania D'Alessandro/WireImage)

近年は俳優としても『シン・ゴジラ』『沈黙~サイレンス~』などに出演するなど活躍中の塚本監督

イベント : 鉄男 | シネマシティ

鉄男

製作30周年!塚本晋也伝説のデビュー作『鉄男』シリーズ3作が5月11日から一挙に爆音上映で見られる!

1989年7月1日より全国にて公開

1989年/日本/67分

more

あらすじ

金属へのフェティシズムに憑かれたやつは、金属による肉体改造を行った直後に自動車と激突し、メタルサイキストとなった。ある朝、サラリーマンが目を覚ますと、頬に金属のトゲのようなニキビができていた。その男がプラットホームで電車を待っていると、隣のOL風の女が金属で膨張した腕を振りかざして襲ってきた。男は逃げたが、やがて自分の腕も金属化し、無意識のうちに女を殴り殺していた。激しい痛みを伴いながら、男の体は次第に金属に侵触されていく。顔面も半分は金属に被われ、ドリル化したペニスは恋人の肉体を引き裂き、快楽を貪った。やつは交通事故に会い、脳に金属片が刺さっていたのだ。そして轢き逃げしたのが、サラリーマンと恋人のカップルだった。やつは復讐を果たすため、金属テレパシーで放ったイメージで男を弾き飛ばした。しかし、金属と完全に融合したはずのやつの体に異変が起こった。体内に組み込まれた金属棒が錆びて腐り始めたのである。やつは最後のエネルギーを振り絞り、逆に鋼鉄の塊と化した男は反撃に転じた。しかし、やつと男は憎悪と愛情の背反したパワーで融合し、ひとつの巨大な金属の怪物となった。「こうなったら世界中を鋼鉄化し、錆び腐らせてやろう」と怪物は夜明けの都市を疾走し始めた。

出典元:https://eiga-board.com/movies/18112

鉄男II/BODY HAMMER

製作30周年!塚本晋也伝説のデビュー作『鉄男』シリーズ3作が5月11日から一挙に爆音上映で見られる!

1992年10月3日より全国にて公開

1991年/日本/83分

more

あらすじ

幼い頃の記憶を失くしてはいるが、妻のカナ、3歳の息子と平穏に暮らす谷口明生のもとに、ある日突然不気味なスキンヘッドの2人組が襲いかかった。谷口の肉体に銃のようなもので何かを撃ちこみ、息子を誘拐した2人組はさらに谷口も連れ去り、何十人ものスキンヘッドの男たちが肉体訓練を行う巨大倉庫に運ぶ。彼はそこで生体実験を施され、徐々に肉体が鋼鉄の銃器と化していき、激しく発砲しだす。その様子をかげで見ていたスキンヘッド集団を司る青年“やつ”は、いったん逃走した谷口を、カナを誘拐することで再びおびき出した。息子を殺され、次第に完璧な人間銃器と化した谷口は遂に“やつ”と対峙し、壮絶な闘いの果て“やつ”を倒すのだった。

出典元:https://eiga-board.com/movies/27622

鉄男 THE BULLET MAN

製作30周年!塚本晋也伝説のデビュー作『鉄男』シリーズ3作が5月11日から一挙に爆音上映で見られる!

原題 :Tetsuo: The Bullet Man

2010年5月22日より全国にて公開

2009年/日本/71分

more

あらすじ

東京にある外資系企業に勤めるアメリカ人アンソニー(エリック・ボシック)は、日本人の妻ゆり子(桃生亜希子)、3歳の息子トムと暮らしている。アンソニーの父ライド(ステファン・サラザン)はバイオテクノロジーの優秀な科学者だったが、妻の美津枝(中村優子)を癌で亡くしてから、息子と孫の健康に執着していた。ある日、ライドの定期検診を受けた帰り、謎の男が運転する車にトムが轢き殺される。息子の死にゆり子は怒り狂うが、アンソニーは両親の教えを守り、怒りを抑える。犯人を探そうとするゆり子と心がすれ違い始めたアンソニーは次第に感情を制御できなくなり、身体に変化が訪れる。黒い液体を吐き、顔の一部が鉄に変わり始めた彼は、宅配業者を装った暗殺者に銃殺される。暗殺者と入れ違いに現れた謎の男“ヤツ”(塚本晋也)はアンソニーに、息子の方が手強かったと告げる。“ヤツ”が車で去ろうとすると、身体の半分以上が鋼鉄になったアンソニーが襲いかかる。アンソニーは腹部から銃弾を放ち、車を大破させる。しかし“ヤツ”は車中にはいなかった。アンソニーが部屋に戻ると“ヤツ”から電話がかかり、ライドの秘密が全ての始まりだと告げられる。アンソニーが指示されたメールを開くと、地下を調べろというメッセージがあった。アンソニーはライドの家で地下室を見つける。そこに保管されていたライドの研究の資料を読んだアンソニーは、自分の出生の秘密を知ってしまう。ゆり子が“ヤツ”に誘われ、ライドの家に来る。すると、ライドの研究に関わっていた企業がアンソニーを消すために雇った傭兵部隊が突入し、ゆり子を人質に取る。怒りに我を忘れたアンソニーは鋼鉄の塊と化し、傭兵部隊と銃撃戦を繰り広げる。家の奥に監禁されていたライドは、家族の真実と“ヤツ”の狙いを明かす。そして、アンソニーに怒りをコントロールするよう告げ、絶命する。アンソニーはゆり子の制止を振り切り、“ヤツ”との最後の戦いに挑む。

出典元:https://eiga-board.com/movies/40935

この記事の画像

「製作30周年!塚本晋也伝説のデビュー作『鉄男』シリーズ3作が5月11日から一挙に爆音上映で見られる!」の画像1 「製作30周年!塚本晋也伝説のデビュー作『鉄男』シリーズ3作が5月11日から一挙に爆音上映で見られる!」の画像2 「製作30周年!塚本晋也伝説のデビュー作『鉄男』シリーズ3作が5月11日から一挙に爆音上映で見られる!」の画像3 「製作30周年!塚本晋也伝説のデビュー作『鉄男』シリーズ3作が5月11日から一挙に爆音上映で見られる!」の画像4
編集部おすすめ

当時の記事を読む

塚本晋也のプロフィールを見る
映画boardの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「塚本晋也」に関する記事

「塚本晋也」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「塚本晋也」の記事

次に読みたい「塚本晋也」の記事をもっと見る

映画ニュースランキング

映画ランキングをもっと見る
お買いものリンク