【涙なしでは観られない】誰もが向き合う家族の時間『長いお別れ』

       
「小さいおうち」などで知られる中島京子原作小説を、『湯を沸かすほどの熱い愛』の中野量太監督が豪華出演陣と共に映画化。 ある家族の7年に渡る掛け替えのない時間を通し、誰にも等しく訪れる家族との別れ、遺す側・遺される側の想いを描いた作品です。 5/31(金)公開ですが一足早く見どころをご紹介!

あらすじ

父・昇平(山﨑努)の70歳の誕生日。
夫の転勤でアメリカに住む長女・麻里(竹内結子)と、カフェ経営の夢を抱きながらスーパーの惣菜コーナーで働く次女・芙美(蒼井優)は、久しぶりに実家へ帰省するのだが、母・曜子(松原智恵子)から告げられたのは、厳格な父が認知症になったという事実だった。
それぞれ人生の岐路に立たされている姉妹は、思いもよらない出来事の連続に驚き、打ちのめされながらも、変わらない父の愛情に気が付きゆっくりと前へ進んでいく。
徐々に記憶を失っていく父との7年間の末に、家族が選んだ新しい未来とは...。

中野量太監督、待望の最新作!

【涙なしでは観られない】誰もが向き合う家族の時間『長いお別れ』

©2019『長いお別れ』製作委員会 ©中島京子/文藝春秋

商業映画デビュー作となる『湯を沸かすほどの熱い愛』で、日本アカデミー賞など国内の映画賞計34部門を受賞した中野量太監督。インディーズ時代も含め、これまではオリジナル脚本のみで上質且つ独自の世界観を作り続けてきたのだが、本作は初の原作もの。山田洋次監督によって映画化もされた『小さいおうち』で第143回直木賞を受賞した中島京子作品の映画化に挑戦しているのである。
最早感じている人などいないと思うが、小説や漫画作品の映画化時に付き纏う不安は感じなくて大丈夫。
映画化に際し設定の変更はいくつかあれど、『湯を沸かすほどの熱い愛』に通ずる家族の絆を、時に面倒臭くてやんなっちゃうこともあるけれど、最終的には愛おしく思えて仕方がない家族の在り方をとても丁寧に紡ぎ出している。

『湯を沸かすほどの熱い愛』

人それぞれにタイミングは異なるが、かつて祖父や祖母がそうしてきたように、父と母もそうしてきたように、あなたにもぼくにも家族を見送る時が、別れを告げなければならない時がやってくる。
スクリーンに映し出される家族は全くの他人だけど、きっと誰もが自分自身を、自身の家族の姿を重ね合わせながら観てしまうはず。既にその時間を通り過ぎてしまった人にとっても、まだその時間が訪れていない人にとっても、決して他人事では済ませられない127分間になることだろう。

【涙なしでは観られない】誰もが向き合う家族の時間『長いお別れ』

©2019『長いお別れ』製作委員会 ©中島京子/文藝春秋

家族が認知症になるということ

【涙なしでは観られない】誰もが向き合う家族の時間『長いお別れ』

©2019『長いお別れ』製作委員会 ©中島京子/文藝春秋

幸いぼくの両親はまだ健在で、認知症などにもなっていない。亡くなった祖父も認知症ではなかったし、90歳を超えた祖母も同じ。劇中のような出来事に遭遇したこともなければ、認知症の方と接したこともない。が、そんな人であっても本作は楽しめる。「楽しめる」という言葉のチョイスが正しいかどうかはともかく、父が認知症である事実に初めて直面する姉妹や母の姿にきっと寄り添える。
劇中の家族に起こった出来事を、自らの家族に当てはめていくことで、強く胸を締め付けられてしまうことだろう。

【涙なしでは観られない】誰もが向き合う家族の時間『長いお別れ』

©2019『長いお別れ』製作委員会 ©中島京子/文藝春秋

かつては誰もが思っていた。
いてくれて当たり前、褒めてくれて当たり前、叱ってくれて当たり前、許してくれて当たり前、守ってくれて当たり前、それが家族、それが親だと。でも、どう足掻いたところで親の方が先に逝く。いつの日か確実に別れはやってくる。当たり前だと思っていたことが当たり前ではなくなってしまう。
事故や病気も起こり得るから一概には言えないが、余程のイレギュラーが起きない限り、その決定事項は覆らない。それだけでも受け止めるのがやっとのことで、勇気や覚悟も伴うことだというのに、親が自分のことを認識できなくなったのなら一体何を思うのだろう。
こうして言葉にするのは容易いが、想像だけでは、実体験せぬことには確証を得られぬ感覚なのかもしれない。ただ、劇中の姉妹・妻の姿を目の当たりにしたのなら、その片鱗を感じ取れるはず。悲しくて、苦しくて、しんどくて、とてもとても堪え難くて、時には受け止めきれないこともあるのだと。
だけど、どんなことになったとしても家族は家族。これまで培ってきた時間や思い出の数々が、決して家族である事実を揺らがせない。

シンプルな親子ものでは終わらない

【涙なしでは観られない】誰もが向き合う家族の時間『長いお別れ』

©2019『長いお別れ』製作委員会 ©中島京子/文藝春秋

認知症になった父親との関係を主軸に置きつつも、そこだけに特化した物語では終わらない。
あなたにもぼくにも自分の人生があるように、夫や妻や息子や娘がいるように、家族以外の関わりや繋がりもあるように、親との関係性だけで世の中が回っているわけではない。仕事や家事や育児やご近所付き合いなど、様々な要素が並行している中の一つに、親との関係性がある。
7年の歳月の中、認知症になった父を抱えながらもそれぞれの人生と、それぞれの問題と、それぞれの夢と向き合っていく登場人物達。良い時もあれば悪い時もあり、その時々の心持ちで父と接していく。
その心持ちの変化こそが人生で、ぼく達と同じ時の流れを生きているのだと、この物語を根底から信頼することができる。
己の人生に置き換えたり重ね合わせることで、より一層劇中世界へと没入することができてしまう。

【涙なしでは観られない】誰もが向き合う家族の時間『長いお別れ』

©2019『長いお別れ』製作委員会 ©中島京子/文藝春秋

観ながらずっと自分の家族のことを考えていた。もし親が認知症になったらどうするのだろうと。
劇中のように頻繁に実家へ帰ったりすることはできるのかと、仕事や自分が築いた家庭はどうするのかと、上手く折り合いをつけられるのかと、姉や兄に多くを任せてしまうのかと、自分にとっての「帰る」場所とは一体どこへ帰ることなのかと。
観る方の年齢次第では、自分自身が認知症になるリスクを考えることだってあると思う。また、麻里の息子・崇の存在は、まだ幼かった頃の自分を、家族の繋がり云々に対して強く価値を見出せていなかった頃の感覚をも呼び起こしてくれる。彼の存在があったからこそ、幼き日の祖父母との関係性にまで想いを馳せることができてしまう。
自身の家族に関する記憶の数々が、懐かしくて心地良くて大切だった思い出のひとつひとつが、映画を観ていく中でいくつも呼び覚まされていく。そんな経験、そう滅多にできることではないと思う。

【涙なしでは観られない】誰もが向き合う家族の時間『長いお別れ』

©2019『長いお別れ』製作委員会 ©中島京子/文藝春秋

総合評価

【涙なしでは観られない】誰もが向き合う家族の時間『長いお別れ』

©2019『長いお別れ』製作委員会 ©中島京子/文藝春秋

大人になってしまえば、実家を出てしまえば、親と顔を合わせられる回数も必然的に減っていく。
気軽に帰れる距離でないのなら、会えるのは年に数回になってしまう。
親がある程度の年齢に達すれば、その日はいつ来てもおかしくないわけで、納得のいく別れをできるかどうかも運次第。
認知症になってしまったのなら、劇中のような日々だって訪れる。何もかも予測不能で不可避なことばかりだけど、ただ一つだけ確かなことがある。
そう、これまで家族と共に過ごしてきた時間や思い出は色褪せることなく残り続けるということ。それさえあれば、どんな結果になろうとも、たとえすぐには割り切れなくても、いつの日か笑顔で思い出に浸り、在りし日を懐かしむことができるはず。思い出の数々を力に変えて、幸福な時間を、より良き人生を切り拓いていけるはず。

観終える頃にはきっと、家族との大切な思い出が心を覆い尽くしているに違いない。
そして、今すぐにでも家族に会いたくて堪らなくなっていると思います。
家族を想う温かくて愛おしい気持ちに包まれてしまう作品です。
ぜひ劇場でご覧ください。

青春★★★★
恋 ★
エロ★
サスペンス★★★
ファンタジー★★★
総合評価:A

『長いお別れ』
5月31日(金)、全国ロードショー
監督:中野量太
出演:蒼井優 竹内結子 松原智恵子 山﨑努 ほか
脚本:中野量太 大野敏哉
原作:中島京子『長いお別れ』(文春文庫刊)
主題歌:優河「めぐる」
企画:アスミック・エース Hara Office
配給・制作:アスミック・エース
©2019『長いお別れ』製作委員会 ©中島京子/文藝春秋
公式サイト:http://nagaiowakare.asmik-ace.co.jp/
公式Facebook:www.facebook.com/nagaiowakaremovie/
公式twitter:@nagaiowakare_mv

【涙なしでは観られない】誰もが向き合う家族の時間『長いお別れ』

©2019『長いお別れ』製作委員会 ©中島京子/文藝春秋

映画boardの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

映画ニュースアクセスランキング

映画ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年5月25日の映画記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内映画、海外映画、ハリウッド俳優や女優情報をお届け中。撮影秘話や裏話などのニュースも充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。