2010年の今日、世界初となる2画面タッチパネル液晶搭載の「libretto W100」が発売されました:今日は何の日?

2010年の今日、世界初となる2画面タッチパネル液晶搭載の「libretto W100」が発売されました:今日は何の日?
おもなできごと
・1981年8月11日、種子島宇宙センターからN-IIロケットで「ひまわり2号」を打ち上げ
・2009年8月11日、ソニーがワンセグを搭載したポータブルナビ「NV-U3DV」を発売
・2010年8月11日、東芝が世界初のタッチ対応2画面ミニノート「libretto W100」を発売
・2016年8月11日、リンクスインターナショナルがiPhone 6/6s用Bluetoothキーボード「KéNero Thunderbird」を発売8月11日は「きのこの山の日」。2016年から施行された祝日の「山の日」に合わせ、株式会社明治が制定。ちなみに、「たけのこの里の日」は3月10日です。

過去のできごとで気になったのは、東芝の「libretto W100」発売(2010年)。東芝のノートPC25周年記念モデルのひとつとして登場し、7インチの2画面液晶、しかも両方ともタッチ操作に対応していることから注目されました。片方の画面にWindows、もう片方にソフトキーボードを表示できるほか、両画面ともWindowsの画面を表示するデュアルディスプレイとしても動作します。ソフトキーボードはタッチタイプしやすいノーマルなものから、両手でホールドして親指打鍵に向いているスプリットタイプなどが選べました。

正直、触る前はどこがlibrettoなのか疑問に思っていましたが、試用した後には、「この尖りっぷりは、ある意味librettoだな」と感じた記憶があります。...続きを読む

あわせて読みたい

Engadget 日本版の記事をもっと見る 2018年8月11日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。