新Apple Watch(Series 4)発表 30%広い画面・心電図測定対応など大刷新

新Apple Watch(Series 4)発表 30%広い画面・心電図測定対応など大刷新

アップルがApple Watchの新モデル「Series 4」を発表しました。価格は399ドル~ 9月14日予約開始、発売は9月21日を予定します。

ディスプレイを従来比30%大型化した本モデルは、刷新したジャイロセンサーや、待望されていた心電図センサーを新搭載。また、新プロセッサの採用で処理速度も2倍に向上しています。

Apple Watch初のデザイン刷新

2015年に初代Apple Watchが発表されて以来、初のデザイン刷新となる本モデルは、Series 3比で30%以上ディスプレイを大型化。(40mmモデルで35%、44mmモデルで32%拡大)。なお、ベゼルレス化で筐体サイズは先代と大きく変わらず、むしろ僅かにコンパクトになっているほど。

大画面化に伴い、地図・カレンダー・写真などが見やすくなったほか、複雑な通知の表示にも対応。ウォッチフェイスには最大8つのコンプリケーションを表示できます。

ジャイロセンサーが進化、心電図測定にも対応

それ以上に注目したいのが、ジャイロ&加速度センサーの刷新です。これまで区別できなかった「落ちる・転ぶ・滑る」といった挙動を検知可能に。もし転落を検知した場合には、緊急通報ボタンが自動表示されます。それから1分以上装着者が動かなければ、自動で緊急通報する機能も備えます。

心拍センサーも進化しました。心拍数があまりにも低い場合、血液量が少ない場合があるため装着者にアラートを出します。また、心室細動を検知する機能も備え、精度は完璧ではないものの、検知した場合に装着者に警告し、より深刻な症状への発展を防止します。

心電図(ECG)の作成にも対応。デジタルクラウンに指を置くと心臓の活動を開始し、約30秒で病院で得られるような心電図を測定できるとアピールします。

あわせて読みたい

Engadget 日本版の記事をもっと見る
「新Apple Watch(Series 4)発表 30%広い画面・心電図測定対応など大刷新」の みんなの反応 2
  • 匿名さん 通報

    デザインがどんどん玩具化している

    2
  • 匿名さん 通報

    人間ドックでウォッチから心電図データを送信すれば現地での検査はパスできるぐらいのシステムになってほしい。

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。