Galaxy Note 9、DEXなしでもPCモードを利用可能に?

Galaxy Note 9、DEXなしでもPCモードを利用可能に?
韓国サムスンが発売を予定している新型スマートフォンGalaxy Note 9が、ドックを介さずに直接USBケーブルで外部ディスプレイと接続し、PCのように運用できるとのうわさが報じられています。
サムスンの計画に精通している情報筋によれば、Galaxy Note 9では本体だけでDesktop Experience(Dex)モード実現を予定しているとのこと。Dexモードは、同社のGalaxyスマートフォンにディスプレイをつなぎ、PCのようにマルチウィンドウ環境で使える機能です。

Dexモードの利用には、従来機種では別売りのドッキングステーションが必要でした。初代としてはDeX Station、後継機としてはDex Padが用意されています。

Dex Stationではマウスやキーボードの接続が必須でしたが、Dex Padではスマホの画面をタッチパッドやキーボードとして利用できるように。その次のステージは、ドック抜きの単体でDexモード可能へと進化といったところでしょうか。

ドイツのテクノロジー系メディアWinfutureの情報筋によると、ドックを廃止する理由は特に述べられていないとか。とはいえ、Dex StationもDex Padも単に外付けモニタを接続するアダプタだったわけではなく、Dexモードで加熱したスマホ本体を冷却する役割も果たしていました。

つまり、Galaxy Note 9はモニタと直接つなげるトレードオフとして、冷却機能を手放した可能性が高いということ。Dexモードはドックなしでも全機能が利用できるとされていますが、長時間の利用は厳しいかもしれません。

ただ、スマートフォン情報サイトのPhoneArenaは、Galaxy Note 9はDex Padと完全に互換性があるので、そちらを入手してもいいとコメントしています。8月9日の公式発表まであとわずか、そろそろ「お迎え」の準備を進めるべき頃かもしれません。

あわせて読みたい

記事提供社から

この記事にコメントする

新着トピックス

\ みんなに教えてあげよう! /

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。