『ドンキーコング』と『パックマン』元世界記録保持者、不正でギネスからも資格剥奪

『ドンキーコング』と『パックマン』元世界記録保持者、不正でギネスからも資格剥奪
米アーケードゲーム界のカリスマ(だった)ビリー・ミッチェル氏がゲーム記録団体Twin Galaxiesから全スコアを抹消されたことに続き、今度はギネスからも記録を削除されると報じられています。

その対象となるのは、不正と審判の下った『ドンキーコング』(世界初100万点初達成など)のみならず、ミッチェル氏の名を全米に刻み込んだ『パックマン』の世界初パーフェクトゲーム(333万3360点を獲得)を含むもの。ギネス代表は、今後数日以内に2つの世界初記録につき、適切な資格者を見つけて更新すると述べています。ギネス代表が米メディアKotakuに送ったメールによると「ミッチェル氏の『ドンキーコング』世界記録は、Twin Galaxiesが実績を証明する根拠となっているため失格とした」とのこと。ミッチェル氏にコメントを求めたものの、返答は来なかったと述べられています。

動画を見る

さらにギネスは『パックマン』についてもミッチェル氏の世界記録を抹消。これはTwin Galaxiesが彼の全ての記録をランキングから削除する決定を受けており、ミッチェル氏は一度に2つの世界初記録の座から追われることになります。

『ドンキーコング』記録については公の場ではない(第三者がプレイを見ていない)ものの、『パックマン』のパーフェクトゲームは1999年7月4日、ニューハンプシャー州のFunspot Family Fun Center、つまりゲームセンターの実機で多くの人の前にて叩き出した記録です。

動画を見る

ナムコ(当時)創業者の中村雅哉氏からも賞を授与された『パックマン』の栄光を、他のゲームで不正があったとはいえ剥奪するのは少し酷な感もあります。

そこまで公正さを徹底してこそ、Twin Galaxiesやギネス記録の信頼性も確保できるのでしょう。誕生から37年目を迎えた今もなお、多くの人生を揺さぶる『ドンキーコング』の偉大さが再確認できたかっこうです。

あわせて読みたい

Engadget 日本版の記事をもっと見る 2018年4月16日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。