新iPad Proが新Mac miniのディスプレイに変身。Luna Displayが魅惑の使い方を紹介

新iPad Proが新Mac miniのディスプレイに変身。Luna Displayが魅惑の使い方を紹介
iPadをMacのサブディスプレイ化できる変換アダプタ+アプリの「Luna Display」。iPadとMacを併用するユーザーの間では定番とも呼べる製品ですが、公式サイトが新iPad Proと新Mac miniの動作を確認。iPad ProをMac miniのメインディスプレイとして運用する方法を紹介しています。

Luna Displayは、Macの映像出力に専用アダプタ(USB-CとMini Displayポート用の2種類あり)を装着し、Wi-Fiを介してiPadをワイヤレスディスプレイに変える製品です。最新のMacと最新のiPad Proとの組み合わせにより、あたかもアップル公式セットであるかのような外観と使用感がレポートされています。

Luna Displayは主にMacBook ProやiMacといったディスプレイ一体型Macで使われているため、サブディスプレイ用と思われがちですが、実は「旧iPad(iPad Proに限らない)を旧Mac miniのメインディスプレイとする」使い方も可能でした。

Luna Display公式ブログでは、Mac miniとiPad Proの両方ともに新製品が登場したこのタイミングで、「Luna with Mac Mini」という記事を公開しています。ここで改めてiPadとMac miniを接続する方法や、組み合わせの素晴らしさを説明しています。

具体的な接続手順としては、まずMac miniを通常のディスプレイに接続し(Lunaの設定時にはディスプレイが必要になります)Luna Displayアプリをセットアップ。その後、システム環境設定の[ユーザーとグループ]から[ログイン項目]でLuna Displayアプリが自動起動するよう設定します。...続きを読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

Engadget 日本版の記事をもっと見る 2018年11月15日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「Google」のニュース

次に読みたい関連記事「Google」のニュースをもっと見る

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。