iPhone SE難民に捧ぐスマホ「Unihertz ATOM」

iPhone SE難民に捧ぐスマホ「Unihertz ATOM」
「最近のスマホはどれもデカイ!」そんな悩みをお持ちのiPhone SE難民に捧げたいスマホが「Unihertz Atom」です。

手に収まるどころか、手のひらにすっぽり収まってしまう同端末は、世界最小をうたう4Gスマホです。画面サイズは2.45インチ、解像度は432 x 240。1600万画素カメラや指紋認証を備えるほか、防水・防塵・耐衝撃に対応したタフネス機でもあります。また、オクタコアCPUを搭載し、NFCや指紋認証にも対応。バッテリー容量は2000mAhと現実的で、OSにはAndroid 8.1 Oreoを採用します。ドコモのカードケータイしかり、コンパクト端末では機能に妥協のある端末も多い中で、小さいけどスマートフォンとしての機能をフルに使えるのが本端末の特徴です。

​いざ使ってみると、小さいですがタッチパネルの反応はスムーズ。アプリ起動のレスポンスも良く、体感的な使用感は一般的なスマホと変わりません。一方で携帯性へのトレードオフにはなりますが、WebやSNSの文字は小さく、多少目を凝らす必要があります。

また、文字入力も慣れるまでには時間がかかりそうです。タッチパネルの精度自体は高く、フリック入力も行えるのですが、案の定インプットエリアが狭いために、誤入力が多くなります。ここは、長期間使えば慣れるのかもしれませんが、文字入力がメインの用途は厳しそうです。

とはいえこの小ささ、分厚さはあるものの、​​​​ポケットの中にすっと収まりますし、モバイル性は抜群です。仕事でメッセンジャーをバリバリ使うという用途には向きませんが、メールやメッセージを読んだり、たまに返信できればいい......といった用途に、あるいは電話をメインで使うには最適ではないでしょうか。...続きを読む

あわせて読みたい

Engadget 日本版の記事をもっと見る 2018年11月14日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。