新型IQOS 3発表。軽量小型化が進み、より頑丈なつくりに。オールインワンタイプの「IQOS 3 MULTI」も登場

新型IQOS 3発表。軽量小型化が進み、より頑丈なつくりに。オールインワンタイプの「IQOS 3 MULTI」も登場
フィリップ モリス ジャパン合同会社は、同社が展開する加熱式たばこ「IQOS」の新型デバイス「IQOS 3」と「IQOS 3 MULTI(マルチ)」を発表しました。メーカー希望小売価格はIQOS 3が1万980円(税込)、IQOS 3 MULTIが8980円。いずれも、11月15日に全国9カ所のIQOSストアと公式オンラインストアで発売予定です。弱点を克服し進化した正統後継モデル「IQOS 3」IQOS 3は、前モデルである「IQOS 2.4 Plus」の後継モデルにあたる製品。IQOSヒートスティック(たばこ部分)を加熱するためのIQOSホルダーと、それを充電するためのバッテリーが内蔵されたIQOSポケットチャージャーという構成は踏襲されています。

▲IQOS 3、メーカー希望小売価格1万980円

IQOS 3のIQOSポケットチャージャーは、前モデルよりコンパクトに。充電コネクタにはUSB Type-Cが採用され、急速充電にも対応。「プロテクトプラス」と呼ばれる、素材や設計の見直しにより、衝撃耐久性も向上しました。1回のフル充電でヒートスティック20本分の喫煙が可能となっています。

IQOSホルダーの取り出しは、従来の上部開閉式のフタから、シーソー形状のサイドオープニングシステムに変更され、スタイリッシュなデザインへと生まれ変わりました。さらに、サイドパネルの交換ができるので、お好みのカラーリングにカスタマイズ可能となっています。

あわせて読みたい

Engadget 日本版の記事をもっと見る
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。