新OLED版iPhoneはApple Pencil対応?からアップルカーまで:最新のアップルの噂まとめ

新OLED版iPhoneはApple Pencil対応?からアップルカーまで:最新のアップルの噂まとめ
iPhoneのApple Pencil対応から廉価な新MacBook登場?まで、この1週間のアップルうわさ話を振り返ります。一時はプロジェクトの先行きが危ぶまれたアップルカーも、2023年以降に市場に投入されるとの予測も飛び出しました。安価な新型MacBook、10月から12月に登場か。大手サプライヤーが大量出荷のうわさ
うわさの根拠は、MacBookシリーズの最大手サプライヤーである台湾Quantaが、2018年第4四半期(10月から12月)にアップルの発注を受けて大量のノートPCを出荷するとの台湾Digitimesの予測から。

同メディアはアップル製品の予想実績が豊富とは言えないものの、現地のエレクトロニクス業界に関しては信頼が置くことができ、Quanta情報に関しても信憑性が高いと思われます。

Digitimesは以前も「新たな低価格MacBookが2018年第2四半期(7月から9月)にリリース」の噂を報道していました。その際はディスプレイのサイズは13インチで、解像度は13インチMacBook Proと同等の2560×1600ピクセルと伝えています。

「廉価な13インチ新型MacBook」、すなわちMacBook Airの実質的な後継機は、アップル未発表製品予測で知られるアナリストMing-Chi Kuo氏や米Bloombergも予測しており、搭載プロセッサに関してもKaby Lake Refresh採用との観測もありました。

あわせて読みたい

記事提供社から

この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。