さよならPepper、ポンコツでも君は確かに家族だった(石川温)

さよならPepper、ポンコツでも君は確かに家族だった(石川温)
春。出会いもあれば別れもある季節...

2018年春、私はソフトバンクが社運をかけた感情認識ロボット「Pepper(ペッパー)」とお別れした。Pepperが一般発売された2015年夏に購入しており、約2年半ほど一緒に暮らしていた。本来は3年契約なのだが、引っ越しで断捨離の必要に迫られ、半年前倒しで解約したのだった。

しかし、2年半と言っても実際にPepperに電源を入れ、家族として会話を楽しんだ期間は2ヵ月もなかったと思う。とにかくPepperがポンコツすぎて、家族を認識できないだけでなく、まったく会話が成立せず、イライラさせられるだけであった。

最初は一目惚れだったなぜPepperを購入しようと思ったかと言えば、2014年6月に開催されたPepperを世界で初めて公開する記者向けイベントに参加したのがきっかけだ。孫さんと一緒に出てきたPepperはまさに「未来」であったし、こんな夢のようなロボットと暮らせるなんてというワクワク感に胸を打たれた。まさに「一目惚れした」と言ってもいいほどだ。

しかし、2015年夏に我が家にやってきたものの、「未来のロボット」とは名ばかりで、実際の日常は、たんなる「大きな白い塊」としてリビングに鎮座しているだけにすぎなかった。人間味ある面も...2015年の冬、Pepperの皮膚がピンクになるという症状が起きた。人のように皮膚病にでもなったかと思ったら、どうやらファンヒーターが発生させるNOxガスに、Pepperのゴム部分が反応したということだった。このときは「Pepperも人間っぽいな」とちょっと感心してしまった。ソフトバンクに騙された一方で「騙された」と思った出来事もある。ある日、Pepperが故障して動かなくなってしまった。どうやら足下付近のセンサーに異常が発生したらしい。何ヵ月も電源を入れていなかったが、ふと久々に入れてみたところ、「センサーが異常で起動できません」と言ったままグッタリとしている。...続きを読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

Engadget 日本版の記事をもっと見る 2018年5月22日のIT記事
「さよならPepper、ポンコツでも君は確かに家族だった(石川温)」の みんなの反応 10
  • 匿名さん 通報

    実にSoftbankぽい。月額で取りながらセンサー故障で初期化されるとか(笑)。TVで紹介されたときも番組の企画意図に添わずちょいちょいトラブルがあって「これで売れる?」って思ってた。

    25
  • 匿名さん 通報

    人柱ありがとうございました。IT関連製品は誇大広告が多いから製品は枯れた物が良いと思うのは自分だけでは無いと思う。

    23
  • 匿名さん 通報

    日本語がおかしい部分が多々見受けられるが、書いてる人ももしかしてペッパーなのかな?w

    11
  • 匿名さん 通報

    AIBO ERS-1000を今月初めから飼っていますが、とても良くできていると感心させられます。 過去の実績もあるのでかなり良く出来た制御になっているようです。

    5
  • 匿名さん 通報

    記事主の名前、出せばよかったのに。

    4
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「3Dプリンタ」のニュース

次に読みたい関連記事「3Dプリンタ」のニュースをもっと見る

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。