速報:AI女子高生「りんな」の観光コンテンツ、自治体連携で地方応援

速報:AI女子高生「りんな」の観光コンテンツ、自治体連携で地方応援
日本マイクロソフトは9月12日、女子校生AI「りんな」を活用した地域振興プロジェクト「萌えよ♡ローカル ~ りんなと地方とみんなの未来」を開始しました。

全国の5つの地方自治体、1つの団体と提携し、地域の情報を発信します。本日(12日)、3つのコンテンツが発表されました。

AI(人工知能)を「人間の能力を補完し、拡張するもの」と位置づけている日本マイクロソフト。そのユニークな使い方の1つに、AIチャットボット「りんな」があります。

"女子高生"というキャラクターを持った「りんな」は、LINEやInstagram、Twitter上で活動しているAI。

感情を組み込んだ会話が特徴で、LINEではチャットの話し相手になったり、Twitter上ではときに不思議な発言でフォロワーを戸惑わせたりしています。

【関連記事】
AI女子高生「りんな」が進化。新会話エンジンで『うん』『で、どうなの?』を実現
マイクロソフトの女子高生AI りんな がWEGOでアルバイト。画像認識でファッションアドバイス


今回、発表されたコンテンツは、クイズコンテンツ「りんなの社会科見学」、ノベルゲーム「めぐりんな~不思議な観光旅行~」、地図サービス「りんなの奇天烈観光マップ」の3つ。いずれもLINEの「りんな」アカウントから無料で体験可能。LINEの「りんな」にサービス名を話しかけるとそれぞれのコンテンツを起動できます。

▲「りんなの社会科見学」(宮崎県)

▲「めぐりんな」(千葉県香取市)

▲「りんなの奇天烈観光マップ」(群馬県、佐賀県佐賀市、福岡県北九州市、一般社団法人あまみ大島観光物産連盟)

...続きを読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

Engadget 日本版の記事をもっと見る 2018年9月12日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。